HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


楯縫神社
たてぬいじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市日高町鶴岡字保木677  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴


対い鳩

式内社 但馬國氣多郡 楯縫神社
旧村社

御祭神
彦狹知命 誉田別命 息長足姫命

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・江原駅の東1Kmほどの日高町鶴岡に鎮座。
円山川のそばに西向きに参道入口があり、
参道を進むと、境内入口の鳥居が建っている。
境内は円山川の土手に沿うように位置している。

参拝は、ゴールデンウィークの雨の朝。
傘をさしながらのカメラ操作がうまくいかず、
苦労しながらの撮影&参拝。

参道入口に、大きな灯籠が建っていたような記憶があるが
雨の中なので、車を降りなかったため写真はない。
ひょっとすると社号標などもあったかもしれない。

で、境内前に車を止めて、参拝開始。
鳥居をくぐると、砂利の境内。
右手に手水舎があり、正面に社殿がある。
拝殿は千鳥破風付きで優雅な建物。
拝殿には扁額が2枚あり、
左に「楯縫神社」、右に「八幡宮」とある。

後方の石の垣の中、流造の本殿。
本殿には千木・勝男木がある。
本殿の前面と側面、屋根の部分が
緑色のシートでカバーされている。
よくブルーシートなどを使っている神社を見かけるが、
このように緑や茶系のシートなら、見苦しくないかも。

創祀年代は不詳。

昔は円山川対岸の多田屋に鎮座していたという。
中古には春日明神とも称した神社で、
式内社・楯縫神社に比定されている古社。
同じく但馬国には、養父郡に同名の式内社が存在する。

旧地・多田屋の地名は、楯屋の転訛だと考えられる。
養父郡にある楯縫神社も、
建屋という地に鎮座しているが、これも楯屋の転訛だろう。

祭神は楯縫連の祖神・彦狹知命
かって春日明神と称していた頃には
春日神・天児屋根命も配祀していたようだが、
現在は八幡宮と相殿。
明治以降の一時期、円山川対岸の井田神社に合祀されていたが
昭和二十二年、現在地に分離された。
その時に、八幡宮と合わせられたのだろうか。

拝殿前の賽銭箱には三つ巴紋が付けられている。
八幡宮でもあるので、三つ巴紋が当社の神紋だろう。
本殿の屋根にも三つ巴があるが、さらに鳩の紋も付いている。
鳩は八幡の神使だから、これも神紋だろう。

境内の左手には、南向きに
朱の鳥居が並んだ稲荷社がある。


境内入口

鳥居

境内

稲荷社

拝殿

社殿

拝殿扁額、楯縫神社と八幡宮

本殿

白鳳時代、今から千三百年の往昔出雲国から、丹波国を経て当国で栄えた楯縫連(たてぬいのむらじ)が、遠祖(とおつおや)彦狭知命を楯屋丘(たてやのおか)多田谷にまつる。西暦千九百四十七年此地に遷座奉祀す。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 楯縫神社 (日高町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市