HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


耳井神社
みみいじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市宮井字大門215  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國城崎郡 耳井神社
旧村社

御祭神
御井神

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・豊岡駅の西2.5Kmほどの宮井に鎮座。
奈佐川の北、光雲寺の西側に、道に面して、
南向きに、民家の間に参道入口がある。

参道の両脇には、綺麗に刈り込まれた生垣。
参道の奥に鳥居が見えるが、
その先は霧の中。
五月の早朝、当日二社目の参拝だが、
周囲の山や畑には、朝霧が漂っていた。

参道を進み、鳥居をくぐり、さらに参道を進む。
参道階段を上ると、もう一つの鳥居があり、
さらに参道と階段を上ると、社殿のある境内。

参道正面に本殿を納めた覆屋がある。
戸の格子から中を覗くと、
本殿らしき祠の右側にも、もう一つの祠がある。

天武天皇白鳳三年六月、
城崎郡司・物部韓国連鵠が
黄沼前縣主・耳井命を祀ったのが創祀。

だが、現在の祭神は御井神で、
耳井命を祀ったという伝承は、後世の付会と考えられている。

中世後期、
山名氏の麾下に属し、宮井集落西方の城ノ谷に
城館を構えていた篠部伊賀守が
守護神として尊崇したといわれる古社。

式内社・耳井神社に比定されている神社で、
もとは、現在地の西南200mの神処と称する地にあったという。

境内の左手、階段を上ってすぐの場所に
傾いた祠があるが、中は空で、何も無かった。
ひょっとすると、祠が傾いて危険なので
中の社殿を、本殿覆屋に移したのだろうか。

『式内社調査報告』には、
「本殿の右手には合祀された阪谷神社の拝殿があり」
と記されている。

参拝を終え、参道を戻り始めると、
うっすらと朝霧が晴れて、田畑の向こうの景色が見え始めてきた。
参道生垣に、白い幕のようなものが見えたので
しゃがんで観察すると、生垣に張られた蜘蛛の巣に
水滴が付いて光っていた。


参道入口

参道

鳥居

参道

参道

鳥居

参道階段と灯籠

境内と社殿

覆屋

内部の祠


最終更新日:2013/10/09
【 耳井神社 (豊岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市