HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊弉諾神宮
いざなぎじんぐう
[兵庫旅行] 兵庫県淡路市多賀740  Zenrin Data Com Maps display !!


十六菊


十六菊菱

朱印のページへ!!

式内社 淡路國津名郡 淡路伊佐奈伎神社 名神大
淡路國一宮
旧官幣大社

御祭神
伊弉諾大神 伊弉冉大神

淡路島にある。
三宮からバス一時間で津名港。そこからバス20分。
神戸に出張があり、ちょっと寄るつもりだったが、遠かった。

交差点に面して、大きな鳥居が建ち、
鳥居の右手に、「伊弉諾神官」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐり、100mほどの参道を歩くと、境内の鳥居。
鳥居の奥に、石橋と表神門がある。

表神門をくぐると、広い境内。
中央に社殿、左手に社務所、右手には夫婦大楠。
拝殿の後方に、幣殿中門があり、大きな本殿がある。
本殿は檜皮葺流造八坪。

早朝で人が居ないためか、静かで清々しい。

通称は、幽宮(かくりのみや)。

古事記に、
「故其伊邪那岐大神者坐淡路之多賀也」
日本書紀に、
「伊弉諾尊神功既畢而霊運當遷是以構幽宮於淡路之洲寂然長隠者也」
以上のように、祭神・伊弉諾大神は神功を終え、
淡路国に幽宮(当社)を建てて隠れ給うたという。

淡路国一の宮である。

社殿の右手に、3つの境内社が並んでいた。
左右神社、根神社・竈神社、鹿島神社・住吉神社。
また、大楠の根本には岩楠神社。


鳥居

鳥居と社号標

参道

境内

参道脇の池に祠

境内右手に淡路祖霊社

表神門

石橋

境内

拝殿

拝殿

幣殿中門

本殿

左右神社、根神社・竈神社、鹿島神社・住吉神社

夫婦大楠

力石

伊弉諾神官(神社)兵庫県津名郡一宮町多賀。  旧官幣大社(現、別表神社)。伊弉諾命伊弉冊命を祀る。伊弉諾命が淡路島を生み、群神を生み終えて幽宮を淡路之洲に営んだのが、当社の始まりという。従って、古来、淡路島神とか津名郡に坐すので津名神、また鎮座地が多賀というところから、多賀明神、多賀宮、あるいは島神などとも称された。履中天皇が、狩をされた時、罪人が随行したので、伊弉諾大神は、祝に託して血臭に堪えないと告げられたといわれ、また允恭天皇が狩をされた時に、獲物がなく、占うと、赤石の海底に真珠というものがあるので、それを取って祭りをすると獣をとることができようという御教があり、その通りにすると獲物が多かったとも伝えられている。  平城天皇の大同元年(八0六)には神封一三戸が充てられた。清和天皇の貞観元年(八五九)には、無品勲八等伊佐奈岐命に神位一品が授けられ、延喜の制では、名神大社に列せられた。平安時代末期より、淡路国の一の宮となり、一宮大神とも称せられるようになった。明治に至り、四年に国幣中社、同一八年官幣大社に列した。昭和七年に伊弉冊命を合祀、同二九年、伊弉諾神社と称していたのを、現社名の伊弉諾神宮と改称した。例祭四月二二日。特殊神事として正月一五日には粥占祭、六月一日の御田植祭、七月半ば頃には除虫祭等が行われる。

−『神社辞典』−



最終更新日:2013/10/09
【 伊弉諾神宮 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市