HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


日吉神社
ひよしじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県高島市安曇川町青柳944  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴


御祭神
阿夜訶志古泥神 市寸嶋比賣命 橘比賣命

飛地境内社 式内社 近江國高嶋郡 與呂伎神社・大水別神社 與呂伎神社
飛地境内社 式内社 近江國高嶋郡 大田神社 太田神社

滋賀県安曇川町(現高島市)にある。
安曇川駅の東1Kmほどの青柳に鎮座。
小学校の北あたりから参道が北に延び、突き当りが境内。
境内の後方は、小さな公園になっている。

参拝はゴールデンウィークだったが、
拝殿では、幟などが虫干し状態。
当社の祭日が、五月十五日だから、その準備なのだろうか。

創祀年代は不詳。
由緒に関しても、多くの情報を得ていない。

大正六年、神饌幣帛料供進社に指定。

現在、当社の飛地境内社となっている、
與呂伎神社太田神社が、式内論社となっている。

昭和九年室戸台風により、
本社拝殿、境外社・太田神社、境外社・與呂伎神社が倒壊し
翌年、二社を再建した。

社殿の屋根に、巴紋が付けられていた。

広い境内の中央に社殿があり、
後方に、三つの境内社が覆屋の中に丁寧に祀られていた。
飛地境内社の與呂伎神社と太田神社も、同じように祀られていたが、
それぞれの覆屋が、違う様式で面白い。
もし、同じ時期に建てたものなら、かなり拘りがあるのだろう。
当社の飛地境内社には、他に八幡神社があるらしい。


鳥居

境内

社殿

社殿

本殿

稲荷社

秋葉社

天満宮







由緒

本社の主神阿夜加志古泥神市寸嶋比賣命、橘比賣命
・創祀年代は不詳であるが、社記によると「祭日は四月初辰の日で合ったが明治初年より五月十五日となった」とある。
・大正六年神饌幣帛料供進社に指定。
・昭和九年室戸台風により本社の拝殿と境内社太田神社、与呂伎神社倒壊、翌年二社を再建。昭和四十年拝殿再建、更に同五十年境内社三社を改築と共に、太田神社参道と一氏子の浄財により整地完了。祭礼は五月十五日(五月一日)。
・境内神社(4)太田神社の境内地の一部は国道161号バイパス計画により国土庁が強制買上(中央部)に伴い、昭和六十年五月建物(覆屋等)新築し玉垣を新 。(引続き各社補修工事と共に)
・天皇御在住昭和六十年の記念事業の一環として本社の老朽木造の天鳥居を石造大鳥居に改築。(昭和六十一年十一月吉日竣工)

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 日吉神社 (安曇川町青柳) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市