HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


志磨神社
しまじんじゃ
[和歌山旅行] 和歌山県和歌山市中之島677  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

朱印のページへ!!

式内社 紀伊國名草郡 志磨神社 名神大
旧県社

御祭神
中津島姫命 亦名 市杵島姫命 配祀 生國魂神

相殿 大己貴命 素盞嗚尊 『志磨神社頭職系』
九頭大明神 『棟札』

紀勢本線紀和駅の南200m。中之島にある。
紀ノ川の下流で、古代には、中洲状の島であり、
中津島と呼ばれていた。

祭神中津島姫命は、市杵島姫命とされているが、
単純に、中州の神であろう。「島」の神だ。
宮司の家系も、たしか島氏だったはず。

国道24号線、北大通りに面して鳥居が建ち、
参道を北へ進むと、神門がある。
神門をくぐって、やや右手へ進むと、社殿がある。
ということは、本殿は、西向き。紀ノ川の河口向きということか。

社殿周囲には、多くの境内社がある。

式内社・志磨神社に比定される古社。

伊達神社静火神社とともに、紀三所の神と呼ばれ、
祭神を大屋都姫命とする説もある。

「住吉大社神代記」によれば、
神功皇后が三韓出兵に用いた三艘の船を、
武内宿禰に祀らせたものが、紀三所の神のはじまり。

大国主命を合せ祀るようになって後、九頭大明神、
国津大明神とも称され、棟札に、その名が刻まれている。

朱塗りの鳥居には、瓦が載っている。

本殿は拝殿(幣殿)と繋がっており、形状がよくわからないが、
資料によれば、春日造。
拝殿内で、七五三の御祓い中だった。


社頭

鳥居

鳥居扁額

神門

拝殿

境内

拝殿扁額

本殿

境内社

神明神社

天満神社

境内社

境内社

御 由 緒
御 祭 神 中津島姫命 配祀 生國魂神
 御創建は悠久の昔、今より約千八百年前神功皇后三韓 征伐の御神助を厚く征謝され凱旋後武内宿禰をして奉斎 せしめられた。
御社格 延喜式内名神大社 縣社 御神階正一位
大同元年朝廷より神領七戸を寄せられた志磨神戸(地名称)と云う。 古来朝野の信仰厚く神域広大社殿宏壮を誇ったが南北朝時代 神職領民等吉野朝に味方した為神領封戸の没収に遭ひ其の後 足利義満公再興、更に天正年間豊臣秀吉紀州征伐の時郷党郷 土防衛の為応戦兵火に罹って焼亡した。紀伊國名所圖繪にこの事 を嘆じて「今の結構は古の五ヶ一にも足らず」と有る。徳川時代に入り 藩公の崇敬有り特に明治以降一般の崇敬厚く社運勃興の途についた。 生成発展縁結びの神として尊崇をあつむ。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 志磨神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市