HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


色來神社
いろくじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市竹野町林字宮ノ谷1236−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國美含郡 色來神社
旧村社

御祭神
國狹槌命

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・竹野駅の南5Kmほどの竹野町林に鎮座。
竹野川に沿って1号線(日高竹野線)を南下し、
竹野町林の集落を西へ入ると、狭い道に境内入口がある。

鳥居の脇には「式内色来神社」と刻まれた社号標が立ち、
鳥居扁額には「色來大明神」と書かれている。

鳥居をくぐり参道の山道を少し登り、左手に曲がってさらに登る。

しばらく参道を上っていると、参道の石鳥居が見えてくる。
その鳥居をくぐって真っ直ぐ登ると、
少し開けた場所に境内社の祠が一つあるが、
当社境内へは、その鳥居をくぐらずに右手に引き返す方向へ進む。

尾根筋を歩いているような感じの参道を進むと、
社殿の建っている境内。
『式内社調査報告』には、本殿は萱葺流造と記されているが、
妻入りの社殿で流造には見えない。

参拝は五月の連休、朝の七時頃。
木々の茂った山道も綺麗に整備されていて歩きやすく
木々の間から射し込む太陽光の光の筋が美しい。
まるでハイキングをしているような参拝で、
ムチャクチャ気持ちが良かった。

創祀年代は不詳。
式内社・色来神社に比定されている古社。

当社の社号「色来」は「いろく」と読む。
一説には社地周辺が「色来谷」と呼ばれていたらしい。

伝承として、
当社鎮座地は現社地の南西約50mの平坦地にあったらしい。

参道の山道は、谷に沿うように上っているが
この谷を「廣瀧」と称したことから、
昭和初期までは、廣瀧大明神と称されていたという。

祭神は、國狹槌命
異説として、色来大明神・大色来命・大入杵命など。

参道の途中にあった境内社には、
金毘羅神社・熊野神社・秋葉神社・愛宕神社・稲荷神社が
祀られている。


境内入口

鳥居

参道

参道

参道突き当たりに鳥居

鳥居

鳥居の奥に境内社

鳥居と参道、下からの参道は中央の暗い部分

参道

境内

社殿

御由緒
創立年月不詳にして此地一に色来谷と称するが故に社名を生ず延喜式の制小社に列し初め同村今林字廣瀧に鎮座せられしより一に廣瀧明神とも称し寶鏡宮寺尼宮門跡扁額を御染筆あらせらる元禄四年本殿を再建し明治六年十月村社に列せらる。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 色来神社 色來神社 (竹野町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市