HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


深坂神社
みさかじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市三坂字見手山76−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國城崎郡 深坂神社
旧村社

御祭神
寄日方命

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・豊岡駅の南700mほどの三坂に鎮座。
線路の西側に社域の丘。
東側の市街地からは、ガード下を越えて、
すぐに右手(北側)へ入ると、境内入口の鳥居が見える。
社前を小川(蓼川?)が流れており、
小さな石橋を渡ると鳥居。
鳥居の右手前には「式内 深坂神社」と刻まれた社号標。

桜の花が咲いている参道を進み、階段を登ると境内。
丘の上に、南向きに社殿がある。

参拝は、五月の休日、早朝。
まだまだ町は暗い、そんな時刻。
社殿の前にある明かりが灯っていた。
木々に囲まれて、周囲よりもなお暗い場所で、
朝でなければ、ちょっと怖いかもしれない、
そんな雰囲気。
参拝中に、周囲の木々で
烏が鳴き騒いでいた。

社名の「深坂」について。
『平成祭データ』には「深阪」と記されていた。
読みは「ミサカ」だが、
古い資料には「フカサカ」とされているものもある。
鎮座地が三坂なので「ミサカ」が正しいのだろうが、
昔「フカサカ」と読んでいたものが「ミサカ」と誤読され
三坂に転じた可能性もある、かもしれない。

創祀年代は不詳。
式内社・深坂神社に比定されている古社で、
かつては京極家菩提寺である瑞泰寺付近に鎮座していたという。

『兵庫県神社誌』には、
天武天皇白鳳三年(675)六月二十八日、
城崎郡大領物部韓國連久々比によって創立されたという。

祭神は、寄日方命
一般には奇日方命と書かれる場合が多い神。
異説として、武身主命とする資料もある。
武身主命は、神功皇后三韓征伐の際、
兵船の水穂前に立ちて先導した水主の神であり
水前(=水阪)の意味から深坂の社名となったという。

『式内社調査報告』によると、
境内社として白山神社の名前があるが
気付かなかった。見落としたかも。


社域

鳥居

参道

境内

社殿

社殿


最終更新日:2013/10/09
【 深坂神社 (豊岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市