HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


松尾神社
まつおじんじゃ
[京都旅行] 京都府亀岡市旭町今峠4  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 丹波國桑田郡 松尾神社
旧村社

御祭神
大山咋命 市杵嶋姫命

京都府亀岡市にある。
嵯峨野線・八木駅の東2Kmほどの旭町に鎮座。
477号線を、大堰川にかかる大堰橋を渡って東へ進み、
旭町あたりで、一本東の道路に入ると、
道路脇(東側)に、松尾神社御旅所がある。
灯篭と「延喜式内 松尾神社」と刻まれた石碑の立つ
御旅所近くの農道を東へ入ると
道路からは、土手に遮られて見えにくいが大きな池がある。

その池の土手に登り、まっすぐ進むと
獣避けのフェンスがあるので、扉を開けると
参道入口の鳥居が建っている。

鳥居から、森の中の参道を100mほど進むと階段があり
階段の上が、社殿のある境内。
樹木に覆われた空間で、まさに
「ひっそりと佇んでいる」としか表現できない境内。

神門をくぐると正面に拝殿。
拝殿の後方、階段の上に本殿がある。
現本殿は明応七年(室町時代)のもの。
明智光秀の丹波進攻による兵火から免れたものらしい。

社伝によると、和銅年間(708〜715)の創祀だが、
境内の案内板には、秦川勝が聖徳太子の命を受けて祀ったとあるので
600年前後の創祀ということになる。

式内社・松尾神社の論社となっている古社。

鎮座地は三保川の扇状地にあり、
周囲には多くの古墳が点在しているらしく、
古代から拓かれた場所。

境内には幾つかの境内社がある。
本殿の右手には、八幡神社、素戔嗚社・天照大神社。
左手には、天満宮、恵比須神社・大己貴神社。
境内左手には、稲荷神社、今宮神社、高房神社・罔象神社。


御旅所

参道

鹿フェンス

鳥居

参道

神門

境内

社殿

社殿

本殿

社殿左の境内社

右の境内社

境内左手の境内社

松尾神社(旭町今峠)
三郎ケ岳の山麓に位置する当社は、大山咋命市杵嶋姫命の二柱を祭神として祀る。 社伝等によると、秦川勝が聖徳太子の命を受 けて、佳処である当地に祀ったことに始まるといわ れ、平安時代の書物である「延喜式」にも 記載された古い社である。
古昔は、近村も含めた氏神として境内にも多く の建物があったと伝えるが天正年間(一五七三〜 九二)の明智光秀の丹波進攻による兵火に より焼失しわずかに現本殿だけが難をのが れたという。
本殿は一間社流造檜皮葺の建物で明応七年 (一四九八)頃に建られたものである。 身舎組物は三斗組とし、頭貫端を肘木状につくり 三斗を受ける。側面は二間で妻飾りを叉首組 とする。なお向拝の桁より下と縁廻りが江戸時 代以降の改変によるが、他は軒まわりも含めて室町 時代の姿をよくとどめている。
昭和60年に本殿が府登録文化財に、また境内及びその周 辺が府環境保全地区に決定された。


−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 松尾神社 (亀岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市