HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


御形神社
みかたじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県宍粟市一宮町森添280  Zenrin Data Com Maps display !!


抱き茗荷

式内社 播磨國宍粟郡 御形神社
旧県社

御祭神
中殿 葦原志許男神
左殿 高皇産靈神 素戔嗚神
右殿 月夜見神 天日槍神

兵庫県宍粟市にある。
中国自動車道・山崎I.C.の北25Kmほどの一宮町森添に鎮座。
揖保川に沿って、29号線を北上し、
伊和神社の前を通過して2Kmほどで6号線へ入り
さらに揖保川に沿って北東へ進むと、429号線へ。
揖保川と公文川が合流するあたりから少し北へ入ると参道入口がある。

参道を歩いて進むと鳥居が立っており、鳥居扁額には「御形神社」。
参拝は平成十八年の正月四日。
参道に雪は無かったが、周囲や境内には雪が積もっており
しかも曇天のため、写真の撮影は失敗してしまった。
いつか再度参拝してから掲載しようと思って五年が経過。
しばらく兵庫県へ行く計画がないので、とりあえず掲載。

参道を進むと神門があり、神門の奥は雪の境内。
「日本一の絵馬」と記された大きな絵馬が奉納されていた。

参道を進むと、朱の垣に囲まれて社殿がある。
入母屋造の拝殿と流造の本殿も朱色に塗られ非常に美しい。

『播磨国風土記』宍禾郡の記載にある、
御方(御形)の郷の地名の由来に以下の記述。

天日槍命葦原志許乎命が、黒土の志爾嵩に至り
おのおの黒葛を三条(みかた)を投げて支配地を決定した。
天日槍命の投げた三条は、すべて伊都志(出石)に落ちた。
葦原志許乎命の投げた黒葛は、
一条が但馬の気多の郡に、一条は夜夫の郡に、
そして、最後の一条が御方に落ちたため、
三条(みかた:御方・御形)という地名となった。

天日槍命の投げた黒葛が出石に落ち、天日槍命を祭神とする出石神社があり、
気多郡に葦原志許乎命を祀る気多神社が鎮座し、
養父郡にも、大己貴命を祀る養父神社が存在。
そして、御方の地に葦原志許乎命を祀る当社が鎮座する。

また、『播磨国風土記』には
伊和大神が形見として、自分の杖を植えられたため
御形とするという記述もある。

当初は当社の南東にある高峰山山頂に鎮座していたが
宝亀三年(772)、御方里の山神社鎮座の小森に
一夜にして三本の大杉が鼎立する夢のお告げによって、
社殿を造営し、現社地に遷座。

式内社・御形神社に比定される古社。

明治三十六年までは高見大明神とも称され
また、高皇産靈神を祀る社として「タカミさん」とも呼ばれ、
三方東一宮とも称されていた。
明治十九年に県社に列格してからは、
単に県社ともよばれるようになった。

社殿には茗荷紋が付けられていた。

境内社は、社殿のある垣の手前右手に忠魂社、
本殿の左右に佐閉神社と日吉神社。
その他にも境内社の祠らしきものがあったが社名は確認していない。

あいにくの曇天の雪の日で写真撮影に失敗したが、
境内には、正福寺桜、五色椿、五葉松(夫婦松)、夫婦杉などもあり
もう一度、暖かい季節に撮影に行きたい神社。
また、残念ながら参拝時には夜の間杉っも確認していない。


参道入口

参道と鳥居

境内

神門

日本一の絵馬

境内

境内

拝殿

本殿

本殿

佐閉神社

日吉神社

御形神社 御由緒

当社のご祭神は葦原志許男神と申し、又の御名を大国主神とも申し上げます。志許は、元気のある、武勇に優れた、或は神威赫たる神という意味であります。
この神様は、今の高峰山に居られて、この三方里や但馬の一部も開拓され、蒼生をも定められて、今日の基礎を築いて下さいました。
しかし、その途中に天日槍神が渡来して、国争ひが起こり、二神は黒葛を三條づつ足に付けて投げられましたところ、葦原志許男神の黒葛は、一條は但馬の気多郡に、一條は養父郡に、そして最後は此の地に落ちましたので地名を三條(三方)といひ伝へます。又、天日槍神の黒葛は全部、但馬国に落ちましたので但馬の出石にお鎮まりになり、今に出石神社と申します。
やがて葦原志許男神は事を了へられてこの地を去られるに当り、愛用された御杖を形見として、その山頂に刺し植えられ、行在の標とされました。以て、当社の社名「御形」は、形見代・御形代より起こりました。
その刺し植えられた所に社殿を建ててお祀り申しましたのが当社の創祀であります。やがて奈良朝の宝亀三年(七七二年)、里人数人が一夜の中に三本の大杉が、山神社の森に鼎立するという霊夢を見、これは山頂の大神の当地へのご遷座の所望であらうとの事で、早速ご社殿を造営し、お祀り申し上げたのが当地での起源であります。
御本殿は、三間社流造、檜皮葺、大永七(一五二七)年の建立で、昭和四十二年重要文化財に指定され、昭和四十六、七年に解体復元工事が施工されて、室町時代後期の見事な彫刻や繊細な組物が甦りました。

−『平成祭データ』−



御形神社の伝説と御神徳
伝説
一、夜の間杉
 奈良時代宝亀三年(七七二)に、当社の御 祭神の夢のお告げがあり、山神社の森に三本 の大杉を鼎立し、その中心に高峰山(風土記 に云う、黒土の志爾岳)に居られた御祭神を 遷座したという伝説の杉。本殿裏の注連縄の 掛った大杉。推定樹齢六〇〇年。
二、沖田の碑
 高峰山(風土記に云う、黒土の志爾岳)に 居られた御祭神は、この神社の坂下の南の、 小さな丘に飛び降りられたところ、偶偶そこ に生えていた柚子の木で、目を傷められてし まい、その為にこの里には柚子が実らなくな ってしまったと伝えられています。
(御形大神降臨處、出雲大社宮司、千家尊祀 の刻字あり。)
御神徳
 当社は一二〇〇年以上の歴史を持ち、御祭 神は常に「氏子繁栄」を主として見守られ、 氏子もまた、よく氏神様を篤く尊敬してきま した。その他に五穀豊穣・産業育成・祈雨祈 晴・病気平癒等は霊験あらたかなもののうち です。
 特に秘伝の病気平癒の蟇目の祈祷は、大病 難病に効果著しいとして、今も氏子を中心に 波賀・千種などに広く知られています。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 御形神社 (宍粟市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市