HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


吉御子神社
よしみこじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県湖南市石部西1−15−1  Zenrin Data Com Maps display !!


三巴


木瓜

式内社 近江國甲賀郡 石部鹿鹽上神社
旧村社

御祭神
吉彦命 鹿葦津姫命 吉姫命
相殿
應神天皇 猿田彦命

滋賀県湖南市にある。
石部駅の南1Kmの石部西に鎮座。
JR線路の南側を走る118号線から南へ入る。

参道入口の左手に「内侍所御泊輦遺跡」と刻まれた石碑が建っており
右手には「吉御子神社」と刻まれた社号標。

鳥居をくぐり、砂利の参道を進むと突き当たりに広い境内がある。

参拝は年末、休日の午後。
すでに陽は山に沈んでいたので、写真は暗め。

境内奥、石組の上に拝殿があり、その後方、階段上に中門。
中門の奥に、垣に囲まれた流造の本殿がある。
元治元年、社殿が大破したため
山城国上賀茂神社の旧社殿を移築したのが現在の本殿らしい。

本殿の階段左右に、金銀の美しい狛犬が座っている。

社伝によると、
崇神天皇六十八年、石部山に神降り
垂仁天皇二年、宇加之彦の子が、吉比古・吉比女の二神を
黒の御前に祀ったのが、当社の起源。

嵯峨天皇弘仁三年、山崩れにより、現社地に遷座し
承平五年、吉御子神社と改称した。

式内社・石部鹿鹽上神社の論社となっている。
『神祇志料』には、石部鹿鹽上神社について
今石部駅に在り、上下両社とす。
上を吉姫明神・下を吉彦明神といふ。即駅中の生土神也

とあり、当社の南東1Kmにある吉姫神社と一対の神社であるらしい。

また、『倭姫命世記』に
倭姫命度坐時、阿佐加潟多気連等祖、
宇加乃彦之子、吉比女、次吉彦二人参相
爾時吉姫、地口御田、并麻園進
」とあり
吉姫・吉彦の後裔である多気連が祀った神社であるという。

相殿の應神天皇猿田彦命は、
かって境内社であった八幡社と白鬚社の祭神。

中門に、巴紋と木瓜紋が染められていた。
この二紋が、当社の神紋。


参道入口

参道

参道

境内

拝殿

中門

中門から本殿

本殿

吉御子神社
御祭神吉彦命 鹿葦津姫命 吉姫命
配祀神誉田別命 猿田彦命
由 緒  崇神天皇六八年(前三十)石部山に御神降があり、吉比古、吉
比女神を黒の御前に祀っていたが、弘仁三年(八一二)現鎮座地
に移し、承平五年(九三五)吉比古、吉比女神を末社より本社に
遷座し吉御子神社と称した。
 現社殿は京都上賀茂神社の旧社殿を慶応元年(一八六五)に移
築したもので、重要文化財に指定されている。
宝 物吉彦命木造坐像(重要文化財)

−境内石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 吉御子神社 (湖南市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市