HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


依遅神社
いぢじんじゃ
[京都旅行] 京都府京丹後市丹後町遠下風穴1219  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 丹後國竹野郡 依遲神社
旧村社

御祭神
豊受比賣神

京都府京丹後市にある。
北近畿タンゴ鉄道の網野駅から、
日本海沿いに178号線を北東へ20Kmほど。
丹後町平付近で、宇川に沿って2Kmほど南下。
そこから宇川の支流の小さな川に沿って数100mの場所、
依遲ケ尾山(540m)の東麓に境内がある。

小川にかかる小橋を渡って参道があり、
参道の奥、森の前に小さな鳥居が建っている。

鳥居をくぐると、十数段の石段。
階段の左手には「式内依遲神社」と刻まれた社号標。

階段を上ると、二基の石燈籠があり、
奥に社殿がポツンと建っているだけの簡素な境内。

拝殿の後方に本殿覆屋が接続している形式で
拝殿の扉の格子から中を覗くと、
本殿の前に、二つの境内社が向かい合って祀られていた。

丹後国内神名帳には「正四位下 伊遅明神」とある神社。
社号の「依遅」は、「いぢ」とも「いち」とも読むらしい。
通称は「天王さん」で、享保九年の棟札には「牛頭天王社」。

創祀年代は不詳。

式内社・依遲神社に比定されている古社。

もとは、依遲ケ尾山上に鎮座していたが、
中世、氏子等の移動に伴って、現在地に遷座。

昔、依遲ケ尾山に三頭五尾の大蛇が住んでいて
西麓に鎮座の竹野宮の斎宮に恋をしたという話が伝わっているらしい。

明治三十九年、無格社八柱神社、無格社三柱神社を合祀した。
本殿前の二つの境内社は、この両社だろうか。

祭神は豊受比賣神。一説には、伊勢両宮という。
牛頭天王社とも称されていたことから
本殿に牛頭天王が祀られ、本殿前に内宮外宮が祀られているのか。
また、『式内社の研究』では、伊香色男命となっている。

参拝は炎天下の夏の休日。
最初、鳥居を見た時は、境内は雑草に覆われて
マムシはいないだろうか、などと心配をしたのだが、
参道の草は綺麗に刈り取られ、境内には雑草も無い。

氏子の方々に大事に祀られていることが、はっきり判る。


社頭

鳥居

参道と社号標

境内

社殿

内部、本殿前左右に境内社がある

境内から参道


最終更新日:2013/10/09
【 依遅神社 (京丹後市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市