HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


赤穂神社
あかほじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県奈良市高畑町1320  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國添上郡 赤穂神社
旧村社

御祭神
天兒屋根命 天満天神 弁才天

奈良県奈良市にある。
春日大社神苑の南にあり、普通の民家が並ぶ路地に鎮座。
境内入口は北向きで、鳥居は無い。
ブロック塀の間に「式内赤穂神社」と刻まれた社号標が建っている。

境内の社殿は西向き。
拝殿と云うか、庇の奥に赤い小祠が二つ並んでいる。

『式内社調査報告』によると、当社の本殿は、この二祠らしいが、
向って左側の小祠には「天満宮」と「弁財天」、
右側の小祠には「赤穂神社」と書かれた木札が付けられており、
右側の小祠が本社と想定されているようだ。

創祀年代は不詳。
式内社・赤穂神社に比定されている古社。

『日本書紀』に天武天皇七年四月十四日、十市皇女を
十一年一月二十七日、氷上婦人を赤穂に葬ったとあり、
この「赤穂」は当地のことであるといい、
女人を葬る地、女人守護の霊験があるという。

入り口に「ご自由に、御参拝下さい。」とある。何故か、うれしい。


境内

天満宮と弁才天

本殿

式内社 赤穂神社の由来

 古来、高畑町の春日社神官邸町の西端の地に鎮座して 久しく里人の尊崇を受け給ふ。
 平安時代「延喜式」所載の古社にしてかの二月堂お水取り に読み上ぐる神名帳にも赤穂明神とあり、連綿今日に 至るまで読誦せらるゝ古例なり。
 上古、天武天皇紀六年に十市皇女を同十年に氷上ノ夫人を 「赤穂ニ葬ル」とあるは蓋しこの地辺ならむ。もと社 広大にして数百余坪 桜樹多く 幕末頃まで 桜田の 地名ありき。近世の記録には天児屋根命を祀るとせるも 加ふるに、「高貴の姫君を葬る」と口碑伝承あるはいと 久しく女人守護の霊験久しかりし証なり。
 明治御一新の後、この里荒廃し二百戸近き社家・祢宜の 大半は離散して築地塀のみ虚しく残り、秋艸道人、堀辰雄 らの文人哀惜の詩文あり。されど、より深く嘆きまさりし 里人有志、滅びゆく天満宮址・弁才天を合祀して赤穂社の 左に配し、今に二社併存す。昭和五年以来、この地の 産土神鏡神社の別社となり、地元有志再興の至誠を注ぎ つ、今日に至る。神徳の長久を仰ぎ先人の篤信を継承して 復興の機運を待望する所以なり。

昭和五十二年九月十八日 例祭の佳日
赤穂神社 地元奉賛有志
鏡 神社・赤穂神社 宮司 梅木春和

−境内由緒書き−



最終更新日:2013/10/09
【 赤穂神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市