HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


手谷神社
てだにじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市但東町河本885  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國出石郡 手谷神社
旧村社

御祭神
埴安神 倉稻魂命 大彦命

兵庫県の豊岡市(旧但東町)にある。
但東総合支所の南約4Kmほどの河本に鎮座。
河本川に沿って走る56号線(但東夜久野線)のそば。
河本川と56号線に挟まれた地に境内がある。

境内入口は南側だったような記憶があるが
残念ながら、この記憶には自信がない。
でも、たぶん南向きの境内。
とにかく、「砂地の広い場所にある林」という印象。
その林全体が境内。

境内入口には鳥居が建ち
右手前に「式内 手谷神社」と刻まれた
背の低い社号標。
鳥居の右手に、手水社がある。

境内奥(北側かな?)に社殿。
拝殿と本殿覆屋が繋がった形式で、本殿は未確認。
資料には流造と記されている。

参拝は四月の最終日、
ゴールデンウィーク、晴天の午前中。

一説には、文武天皇四年(707)
孝元天皇の皇子・大彦命の後裔である
高橋臣義成が出石郡司となり、
手谷の丘に、祖・大彦命を祀ったのがはじめ。

この「手谷の丘」は、当社の南にある
天谷という地であるらしく、
当社を天谷神社と記した記録もある。
中古、洪水のため社殿が流出し
現在地に移築され、手谷神社と改称したという。
よって、神社所在地であることから
神許(こうもと)と呼ばれ、後に河本となったという。
また、天谷には「天石」と呼ばれる旧鎮座地があるという。

出石郡の式内社・手谷神社に比定されている古社。
但馬国には出石郡のほかに養父郡にも同名の式内社が存在する。

祭神は、埴安神倉稻魂命・大彦命。
上記の起源説が正しければ、主祭神は大彦命のはずだが。

倉稻魂命を祭神とすることから、宇賀大明神とも称し
また、倉稻魂命を豊岡毘賣命と同神として
岡宮あるいは岡大明神とも称したという。

社殿の左右に境内社の小祠が一つずつ。
どちらがどちらかは未確認だが、松尾神社と稲荷神社らしい。


社域

鳥居

境内

社殿

社殿

社殿

社殿左の境内社

社殿右の境内社


最終更新日:2013/10/09
【 手谷神社 (豊岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市