HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大井神社
おおいじんじゃ
[京都旅行] 京都府亀岡市大井町並河1−3−25  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 丹波國桑田郡 大井神社
旧郷社

御祭神
御井神(木俣神) 月読神 市杵島姫命

京都府亀岡市にある。
山陰本線・並河駅の東200mほどの大井町並河に鎮座。
小学校の東横に、東向きの境内がある。

境内入口に「大井神社」と刻まれた社号標が立ち
数段の階段を上ると鳥居。

正面に当社の社殿があり、左手に境内社の天満宮。

社殿は舞台のような拝殿、あるいは舞殿があり
その後方に、流造の本殿。
本殿の向拝が前方に延びており、そこで参拝する。

参拝は八月の炎天下。
社殿前は砂利の境内だが、社殿の周囲には木々が繁茂し、
ちょっとしたオアシス状態だった。

社伝によると和銅三年(710)の創祀。
式内社・大井神社に比定される古社。

貞観八年(866)には競馬が許可され
当社の馬場で行われていたらしい。

伝承によると、松尾社の祭神が、
神使の亀に乗って大堰川を遡上したが保津の急流を越えられず
鯉に乗りかえて当地に上陸したと言う。

よって、当社は鯉明神とも呼ばれ
氏子の間では鯉を尊び、食用どころか捕獲も禁じ
五月の節句には鯉のぼりもあげないと言う。

明智光秀の兵火により天正四年(1576)に焼失したが
天正十二年、秀吉が片桐且元を奉行として再建。

明治六年郷社に列した。

一説には、元は大堰川の対岸、勝林島に鎮座していたとも伝えられ
地図を見ると、勝林島に古社地があるようだが、
行っていないのだ。悔やまれる。

境内社は天満宮の他に、稲荷社。
赤い小ぶりの祠と松山稲荷大明神と刻まれた石。

本殿の周囲には、以下の小祠が並んでいる。
松尾社、厳島社、出雲社、春日社、蛭子社、愛宕社、大原社。


社頭

鳥居

天満宮

境内

拝殿

稲荷社

社殿

本殿

本殿

松尾社、厳島社、
出雲社、春日社、蛭子社


愛宕社、大原社

大井神社(大井町並河)
和銅三年(七一〇)の創建、光秀の兵火で焼失 した社殿を天正十二年(一五八四)秀吉が片桐且元を 奉行として再建せしめたものという。
祭神は御井神月読神市杵島姫命で、伝説に よると御井神(木俣神)が市杵島姫命と洛西松尾 大社から神使の亀に乗って大堰川を遡上されたが、保 津の急流が乗り切れなかったので、鯉に乗りかえて、 ここ大井に上陸して鎮座されたということである。
爲に当社の氏子は鯉を尊び、食用は勿論、捕えること を禁じ五月の節句に鯉のぼりもあげない風習が続いて いる。十月十六日の例祭には古く貞観八年(八六六)に始 まったという勇壮な競馬が当社の馬場で 武者姿の氏子により奉納される。

−境内由緒書−



最終更新日:2013/10/09
【 大井神社 (亀岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市