HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


椋橋神社
くらはしじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県美方郡香美町香住区小原827−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國美含郡 椋橋神社
旧村社

御祭神
伊香色乎命

兵庫県の香美町にある。
香住駅から、矢田川に沿って4号線を6Kmほど南下した、
香住区小原に鎮座。
4号線から西へ入ると、集落の奥に境内。

境内入口に鳥居が立ち、
参道を進むと奥に社殿。
参道脇には、薬師銅や大師堂などのお堂が建っている。
が、当社参道が遍照寺の境内の一部なので
遍照寺のお堂なのかもしれない。

さらに参道を進むと、大きな樹木が聳えており
奥に、苔むした境内と社殿が見える。

社殿は、本殿を納めた覆屋。
内部には、彫刻が施された本殿。
前面の唐破風の上に、鬼の面(彫刻)があり
ちょっと驚いた。

社伝によると、太古、
祭神・伊香色乎命饒速日命六世孫)、
鮭に命じて、日本海より矢田川遡って調査。
当地を「吾宮居すべき地なり」と鎮座し給うという。

また、当社を木原大明神と称し、
祭神が召した鮭は、矢田川をさらに遡り
七味郡山田村に至り、鮭大明神として仰がれているという。

天武天皇白鳳十三年(684)七月、伊香色乎命の十六世裔である
美含郡司・椋椅部連小柄が、その祖を祀ったのが当社の起源。

異説として、
天平宝宇五年(761)、城州の人・法尓和尚が
当地を廻っていた時、奇瑞を得て、宮を建て
天照皇大神を祀ったという。
法尓和尚の住んでいたのが洛陽の椋橋山であったので
椋橋神社と号し、遍照寺の鎮守としたという。

式内社・椋橋神社に比定されている古社で
明治六年十月、村社に列した。

社殿の右手前に境内社を納めた建物があるが
詳細はわからない。
『兵庫県神社誌』には、境内社として
八幡神社、香椎神社、日吉神社、八坂神社の名が記載されている。


鳥居

薬師堂

大師堂

境内

社殿と境内社

社殿

本殿

屋根に鬼面


最終更新日:2013/10/09
【 椋橋神社 (香美町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市