HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


輕樹村坐神社
かるこむらにますじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県橿原市西池尻町軽古青木178  Zenrin Data Com Maps display !!
天飛ぶや 軽の社の斎槻 幾世まであらむ 隠妻そも

式内社 大和國高市郡 輕樹村坐神社二座 並大 月次新嘗
旧村社

御祭神
誉田別命
彦坐神 白髪王(輕氏祖神) 『五郡神社記』

奈良県橿原市にある。
畝傍山の南、近鉄線南側にある西池尻町の中に鎮座。

創祀年代は不詳。

式内社・輕樹村坐神社二座に比定されている古社で、
貞観元年(859)正月二十七日に従五位上を叙された神社。

鎮座地は「軽古」と呼ばれる場所で、昔は軽氏の拠点として栄え、
当社も延喜の制では「大社」であったのだが、今は見る影も無い。
江戸時代には荒廃していたらしく、
『大和志』には「即此社今廃ス」と記されている。

やがていつしか八幡神を奉祭するようになったが、
本来の祭神は、軽氏祖神である彦坐王・白髪王である。姓氏録には、
彦坐之後世孫白髪王、初彦坐命阿彌古姓
成務天皇御代賜輕地三千代、是負輕我孫姓之由也
」とある。

万葉集の「天飛ぶや 軽の社の斎槻 幾世まであらむ 隠妻そも」は
当社の社頭の鬱蒼とした槻の古木を詠んだもの。


鳥居

拝殿

扁額

本殿

軽樹村坐神社
 軽古集落北部に鎮座。誉田別命を祀り、近世 まで八幡宮と称した。軽樹村坐神社は天安三年 (八五九)一月二七日従五位下より従五位上を授 けられ(三代実録)。「延喜式」神名帳高市郡に 「軽樹村坐神社二座並大、月次新嘗」がみえ、ながく 所在が不明であったが、「大和志」が「在池尻属 軽子邑(中略)社今廃」と記して以来、復興して式 社に治定。旧村社。社名について軽樹の村とす る説、軽の樹叢とする説がある。「延喜式」九条 家本・金剛寺本には「カロコムラ」の訓注を付す。 軽の地名は橿原市大軽町に軽寺・軽池などがあ り、一方、当地も中世に「軽家」(三箇院家抄)、 「軽部」(「満済准后日記」永享四年一二月二〇日条)と 記された。「万葉集」巻一一に「天飛ぶや軽の社の斎槻(いはいつき)幾世まであらむ隠妻そも」の歌がある。

−『大和・紀伊 寺院神社大事典』−



最終更新日:2013/10/09
【 軽樹村坐神社 輕樹村坐神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市