HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


高市御縣神社
たけちのみあがたじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県橿原市四条町宮坪761  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國高市郡 高市御縣神社 名神大 月次新嘗
旧無格社

御祭神
天津彦根命 高皇産霊神

奈良県橿原市にある。今井町のそばに鎮座。
境内は狭いが、全体の色調が渋い。

向いのワンルームマンションとの調和が面白い。

当社の鳥居は、伝統的なのか偶然なのか分からないが独特。
基本は神明鳥居だが、両部鳥居のように稚児柱がある。
が、稚児柱は前後にではなく、後ろにのみある変形判だ。

創祀年代は不詳だが、
社伝によると成務天皇の御代に創立。

式内社・高市御縣神社に比定されている古社で、
高市県主に任ぜられた天津彦根命の後裔が祖神を祀った神社。

大和には、幾つかの「御県に坐す神」が祀られている。
延喜式では、高市、葛木、十市志貴、山辺、曽布の六社。
その中の第一位らしい。


境内

社号標

本殿

本殿

高市御県神社
 四条町の北部、今井町との境に鎮座。祭神は 高市県主の祖天津彦根命高皇産霊神。近世に 苔の宮・高県(こけ)の宮・高木(こうき)の宮と称したことから、 「延喜式」神名帳高市郡の「高市御県神社名神大、月次新嘗」 に治定。高市御県神社は大和六処御県神社 の一で(「延喜式」月次祭祝詞)、御県は朝廷直轄領 にあたる。大同元年(八〇六)に神封二戸があて られ(新抄格勅符抄)、天安三年(八五九)一月二七 日、従五位下より従五位上に昇叙(三代実録)、 「延喜式」神名帳によると御県の神のなかで唯一 名神祭にもあずかった。高市県については「古 事記」神代巻に「天津日子根命者高市県主等之祖 也」とあり、「日本書紀」天武天皇元年(六七二)七 月条に「高市県主許梅(こめ)」の名がみえる。所在は明 確ではないが、現曾我町字宮毛説が有力で、現 橿原市の西部地域に推定されたいる。「延喜式」 神名帳高市郡には高市御県坐鴨事代主神社 (現橿原市雲梯町の河俣神社に比定)の名がみえる。 文政二年(一八二九)津田長道の著した「卯花日 記」には、「今井里人高木氏は、世々四条村の人 にして、今は今井に家居す。此家にむかしより 此社の事つかさどる事になりて、別に神主もな ければ、此家より神供灯明のことを物しける。 高木の宮と云也といへり」という記述がある。

−『大和・紀伊 寺院神社事典』−



最終更新日:2013/10/09
【 高市御県神社 高市御縣神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市