HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


東三條大将軍神社
ひがしさんじょうたいしょうぐんじんじゃ
[京都旅行] 京都府京都市東山区長光町640  Zenrin Data Com Maps display !!

王城鎮護・東方

御祭神
素戔嗚尊 相殿 関白藤原兼家

京都市東山区にある。
東山三条通りを南へ入った路地にある。ちょっと分かりにくい。
境内には東三条社(藤原兼家邸跡)がある。

社伝によると、
桓武天皇は延暦十三年(794)平安京の造営に際し、
大内裏鎮護のため都の四隅に素戔嗚尊を祀り大将軍と称したといい、
特に平安京の東のこの地は三条口の要地に当り、
邪霊の浸入を防ぐ意を以って、当社は重要視されていたという。

文政十二年(1829)朝議大夫陸奥守千葉正胤によって再興された。

東南隅の大将軍とされているが、
八坂神社所蔵の鎌倉期境内図では、境内に大将軍神社が描かれている。
八坂と当社は、無関係に、二社存在していたのか、
当社が八坂から移されたものかなど、詳細は不明。


西側入口

東側入口

社殿

荒熊稲荷神社

神馬像と境内社

天満宮と東三條社の碑

白龍弁財天

大将軍神社
 素盞嗚尊を主神とし、相殿に関白藤原兼家を祀る。
 桓武天皇が平安京を造営した際、大内裏鎮護 のため、四方四隅に祀られた大将軍神社のうち、 東南隅の一つである。
 特に平安京東のこの地は、三条口の要地にあたり 邪霊の侵入を防ぐ意を以て重要視されてきた。
 このあたりに建てられた藤原兼家邸は、応仁 の乱で廃壊したが、境内に東三條社として名跡を 留めている。又。樹齢八〇〇年と伝える銀杏の 大樹があり、かっては鵺の森とも呼ばれ、源 頼政の鵺退治の伝説を偲ばせる。

−境内由緒書き−

 大将軍については、雑記『王城鎮護・大将軍』を参照。


大将軍神社は素戔嗚尊を祭神とし、相殿に藤原兼家公を祀ってあります。
桓武天皇は延暦13年(794)平安京の造営に際し、大内裏鎮護のため四隅に素戔嗚尊を祀り大将軍と称しました。特に平安京の東のこの地は三条口の要地に当り、邪霊の浸入を防ぐ意を以って重要視されて参りました。
また、藤原兼家公は後一条天皇の外祖父であり、藤原道長の父で、摂政・関白となり、東三条殿を営み、その邸は景勝の美そのものと詠われました。道長は後に父の像を祀りました。東三条殿は応仁の乱で廃壊しましたが、当社の境内に東三条社として名跡を留めています。
当地の住民は、元来、平安遷都に際して奈良の旧都から朝廷に随伴して京都に移り住んだ人々で、代々御所の御用を勤め種々の特権を認められた由緒のあることで知らてれています。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 東三条大将軍神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市