HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


淺間神社
せんげんじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県養父市八鹿町浅間字井戸前361−1  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 但馬國養父郡 淺間神社
旧村社

御祭神
木花開耶姫命

合祀
式内社 但馬國養父郡 葛神社 葛神社 素盞嗚命

合祀
八柱神社 国狭土命

兵庫県の養父市にある。
八鹿駅の北東4Kmほどの八鹿町浅間に鎮座。
円山川を越えて出石方面へ向う道の途中に
参道入口の鳥居が建っている。
鳥居の脇には「式内淺間神社」と刻まれた社号標。

鳥居をくぐり参道を北上すると
周囲を木々に覆われた境内。
左手奥は竹林になっているようで
良い感じの境内だ。

境内に一基の井戸があることから
鎮座地の字を「井戸前」といい
当社も「井戸の宮」と呼ぶらしいのだが
残念ながら、参拝時には井戸に気付かなかった。
撮影した写真でも井戸は確認できない。

社殿は、入母屋造の拝殿と
後方一段高い場所に流造の本殿。
ともに、鉄パイプで補強されていたが傷んでいるのだろうか。

創祀年代は不詳。

近くにある浅間寺が、天平年間、行基により開山され
八世紀前半に僧房三十余を有していたといい、
薬師堂坂の後期古墳の存在から
六〜八世紀の創立と推定されている。

式内社・淺間神社に比定されている古社。
祭神は木花開耶姫命

昭和六年に同地区のあった葛(かつら)神社と八柱神社を合祀した。

合祀されて葛神社は、式内社・葛神社に比定されている古社。
元は浅間字堂ノ奥に鎮座していたらしい。

葛神社合祀の理由は、浅間集落の地区民の数のわりに
浅間寺、浅間神社、妙見社、岡薬師などの建物が多く
維持管理や祭礼の労が多いことによる。
『兵庫縣神社誌』には葛神社が別項として記され
昭和三年大雪のため本殿倒壊、その後再建とある。

『播磨国風土記』宍禾郡の記載の、
御方(御形)の郷の地名の由来に以下の記述がある。
天日槍命葦原志許乎命が、黒土の志爾嵩に至り
おのおの黒葛を三条(みかた)を投げて支配地を決定した。
天日槍命の投げた三条は、すべて伊都志(出石)に落ちた。
葦原志許乎命の投げた黒葛は、
一条が但馬の気多の郡に、一条は夜夫の郡に、
そして、最後の一条が御方に落ちた。

ということで、葛神社の祭神は、
葦原志許乎命とも天日槍命とも、
あるいは、素盞嗚命とも一言主神とも。
ようするにわからない。

社殿の左手に境内社が二つ。右手に一つある。
『式内社調査報告』には、
大祥宮、稲荷社、才ノ神の名前が記されている。


参道入口

境内入口

境内

拝殿

社殿

本殿

境内社

境内社


最終更新日:2013/10/09
【 浅間神社 淺間神社 (八鹿町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市