HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


兵主神社
ひょうずじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市赤石字下谷1861  Zenrin Data Com Maps display !!


花菱

式内社 但馬國城崎郡 兵主神社
旧村社

御祭神
速須佐之男命

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・豊岡駅の北4Kmほどの赤石に鎮座。
円山川にかかる豊岡大橋を渡り、
548号線(戸島玄武洞豊岡線)を3Kmほど北上する。
もう少し北へ行けば玄武洞がある場所。

赤石集落内を通る道に、参道入口の鳥居が建っている。
鳥居の脇には、大きな灯籠と、
「式内 兵主神社」と刻まれた社号標。

参道を奥へ奥へと進み、階段を登ると境内の鳥居。
鳥居をくぐると参道は二手に分かれており
左手参道、階段の上には境内社が一つ。
『兵庫県神社誌』には若宮社とあるが
内部を覗いてみると大将軍という文字が書かれていた。

鳥居から右手の参道を進み、
緩やかに登る階段の上に、横向きの社殿がある。
これが当社本殿を納めた覆屋。
覆屋の扁額には、「兵主神社住吉大明神」と書かれていた。

集落の奥にある大きな境内、
というか懐の深い空間という印象。
擂鉢状になっているような感じがしたが
冷静に考えると、それはない。
でも、ここの境内は「入る」という感覚になる。
不思議だ。

創祀年代は不詳。

城崎郡の式内社・兵主神社に比定されている古社。
城崎郡には他にも兵主神社二座という式内社があり
その比定社は、当社の近くにあるため、
両社はよく混同されるようだ。

伝説として、白鳳十二年閏四月、
韓國連久々比が兵庫(兵馬や武器の庫)の守護として
赤石の丘に祀ったという。

兵主神社なので、祭神は武神なのだろうが
当社では速須佐之男命を祭神としている。
また、『式内社調査報告』には記載されていないが
扁額に「兵主神社住吉大明神」とあるので
住吉三神も配祀されているのだろう。

覆屋内の祠に花菱紋が付けられていた。
住吉大社と同じ紋なので、相殿の住吉大明神の紋かもしれない。

すぐ近くに玄武洞がある。
当社サイトのドメインが genbu(玄武)なので
記念に見ておこうと思ったが、
観光バスが数台並んでおり観光客が多そうだったのでやめた。


参道入口

参道

参道

境内の鳥居

境内、左手階段上に大将軍社、右手奥に本殿

本殿参道

本殿覆屋

本殿覆屋

覆屋内部

本殿参道から振り返る

大将軍社覆覆屋

覆屋内部


最終更新日:2013/10/09
【 兵主神社 (豊岡市赤石) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市