[HOME]  >   [祭神記]  >
開化天皇
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



開化天皇
かいかてんのう

別名
若倭根子日子大毘毘命:わかやまとねこひこおおびびのみこと
稚日本根子彦大日々天皇:わかやまとねこひこおおひひのすめらみこと
……
  • 欠史八代の一人。

  • 第九代天皇。第八代・孝元天皇の皇子。 母は『古事記』では穂積臣の祖先に当る内色許男命の妹・内色許売命、 『日本書紀』では欝色謎命。

  • 春日の伊耶河宮(率川宮)にて統治された。

  • 『古事記』では、開化天皇は旦波の大県主・由碁理の娘、竹野比売を娶って、比古由牟須美命を生んだ。
    また、父・孝元天皇の妃であった伊迦賀色許売命を娶って、御真木入日子印恵命(のちの第十代天皇・崇神天皇)、御真津比売命を生んだ。
    また、丸邇臣の祖・日子意祁都命の妹、意祁都比売命を娶って、日子坐王を生んだ。
    また、葛城の垂見宿禰の娘、鸇比売を娶って、建豊波豆羅和気を生んだ。

  • 『日本書紀』では、開化天皇は伊香色謎命を皇后として、 御間城入彦五十瓊殖天皇(のちの第十代天皇・崇神天皇)をもうけた。
    これより以前に、丹波竹野媛を妃として、彦湯産隅命を生み、 また、和珥臣の祖・姥津命の妹、姥津媛を妃として、彦坐王が生まれている。

  • 御陵は、『古事記』では伊耶河の坂の上。 『日本書紀』では春日率川坂本陵。

開化天皇 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

小幡神社京都府亀岡市曽我部町穴太宮垣内1
吉備津彦神社岡山県岡山市北区一宮1043

最終更新日:2013/10/11
【 開化天皇:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【か】
【き】
【く】
【け】
【こ】