[HOME]  >   [祭神記]  >
神屋楯比売命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



神屋楯比売命
かむやたてひめのみこと

……
  • 大国主命神屋楯比売命との婚姻によって事代主神が生まれた。

  • 神屋(神の籠る屋)+楯(神殿を守るために立てられた垣)とする説、神+屋楯(矢と楯)とする説がある。

  • また、勢夜陀多良比売が便所で用をたしている途中、大物主神が丹塗矢に化して比売の陰部を突いたように、 また、大山咋神が化した丹塗矢が川上から流れ下って来て、玉依日売は妊娠させたように、 神の矢が立った女神という解釈もできる。

神屋楯比売命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

美保神社 大后社島根県松江市美保関町美保関

最終更新日:2013/10/11
【 神屋楯比売命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【か】
【き】
【く】
【け】
【こ】