[HOME]  >   [祭神記]  >
八の雷神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



八の雷神
やくさのいかづちのかみ

古事記
頭部大雷おおいかづち
胸部火雷ほのいかづち
腹部黒雷くろいかづち
陰部柝雷さくいかづち
左手若雷わきいかづち
右手土雷つちいかづち
左足鳴雷なるいかづち
右足伏雷ふしいかづち
 
日本書紀
頭部大雷おおいかづち
胸部火雷ほのいかづち
腹部土雷つちいかづち
稚雷わかいかづち
黒雷くろいかづち
山雷やまいかづち/やまつち
野雷ぬのいかづち/のつち
陰部裂雷さくいかづち
……
  • 死んで黄泉国にいかれた伊邪那美神を、伊邪那岐神が追っていったところ、 すでに伊邪那美神の遺体は腐ってうじがたかり、遺体の各部に八雷神が生まれていた。
    『古事記』と『日本書紀』では各部の箇所や生れた雷神に違いがある。
    また、雷神は魔物、あるいは精霊とする説もある。

  • 大雷神。「大」は威力が盛んである美称で、八雷神の筆頭。
    賀茂別雷命と同一神として加茂社祭神となっている場合もある。

  • 火雷神。「火」は秀・穂にも通じ尊いことを意味して二番目の神。
    また、雷は火を伴うので、たんに雷神と言う時、火雷神をさす場合もある。
    さらに、怨霊となった菅原道真は落雷を起こしたので、火雷神と呼ばれる場合もある。

  • 黒雷神。「黒」は雷鳴とどろく時に天地が暗くなることを意味する。

  • 柝雷神、裂雷神。「柝」「裂」は落雷によって樹木などが切り裂かれることを意味する。 陰部に生まれるのは、陰部の形状からの連想か。

  • 若雷神、稚雷神。「若」「稚」は若々しい活力を意味する、あるいは「大」に対する言葉。

  • 土雷神。「土」は醜いを意味する言葉。あるいは雷が地面に吸収されることを意味。

  • 鳴雷神。「鳴」は雷鳴を意味する。

  • 伏雷神。「伏」は隠れることで、雲間に隠れる雷のことか。

  • 山雷神、野雷神。『古事記』には現れない神。土雷神と同様か。


最終更新日:2013/10/11
【 八の雷神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【や】
【ゆ】
【よ】