[HOME]  >   [祭神記]  >
賀茂建角身命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



賀茂建角身命
かものたけつのみのみこと

別名
鴨建津見命:かものたけつのみのみこと
……
  • 『姓氏録』山城神別に、「神魂命の孫・鴨建津見命、大烏と化して天皇を導く」とある。山城の賀茂に住む神で賀茂県主の祖。

  • 神武天皇東征神話の中で先導神としてあらわれた八咫烏は、この神の化身。 『古事記」では高木大神の、『日本書紀』では天照大神の使神。

  • 『古語拾遺』は、この八咫烏が、京都地方の大豪族であった賀茂県主の遠祖とある。

  • 『山城国風土記逸文』では、八咫烏は神武天皇の先導神として仕えた後.大和から山城の賀茂に移ったとある。

  • 『古事記』では、天皇の軍隊が熊野から奥地に進んで、荒ぶる神々に苦戦をしている時、高木大神が 「今、天より八咫烏を遣わす。この烏の先導によって軍を進めよ」といわれ、その導きによって大和国に入った。 『日本書紀』では神武天皇の夢枕に天照大神があらわれ「八咫烏を遣わす」と告げた。

  • 夢の通り八咫烏に従って進み、宇陀にて兄宇迦斯、弟宇迦斯に出会う。 八咫烏が、天皇に仕えるか否かを問うと、兄宇迦斯は鳴鏑をもって八咫烏を射たが外れた。

  • 賀茂建角身命と伊賀古夜比売命の御子に、玉依比古命(賀茂県主となる)、玉依比売命の二子があり、 その玉依比売命については、『山城風土記』に、大山咋神(『古事記』では鳴鏑神)が丹塗矢と化して瀬見の小川を流れ下り、 玉依比売命と婚姻して、賀茂別雷命を生み奉ったと書かれている。

  • 上記のように、鳴鏑をもって何らかの占有や移譲を象徴するような気がする。

賀茂建角身命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

賀茂御祖神社京都府京都市左京区下鴨泉川町59
御蔭神社京都府京都市左京区上高野東山207
久我神社京都府京都市北区紫竹下竹殿町47
八咫烏神社奈良県宇陀市榛原高塚字八咫烏42
賀茂小鋭神社宮城県石巻市福地字加茂崎72
小坂神社長野県須坂市大字井上字小坂2578
加茂神社富山県射水市加茂中部630
岡太神社福井県越前市粟田部町大山19
紀倍神社福井県坂井市春江町木部西方寺5−20−1
賀茂御祖神社 境内 三井社京都府京都市左京区下鴨泉川町59
賀茂御祖神社 参道 河合神社 境内 三井社京都府京都市左京区下鴨泉川町59
熊野速玉大社 境内 八咫烏神社和歌山県新宮市新宮1
熊野本宮旧社地 大斎原 摂末社合祀別社和歌山県田辺市本宮町本宮
熊野那智大社 境内 御県彦社和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
日吉大社 境内 氏神神社滋賀県大津市坂本5−1−1
諏訪大社下社秋宮 境内 賀茂上下社長野県諏訪郡下諏訪町5828
青海神社新潟県加茂市大字加茂229
都美恵神社三重県伊賀市柘植町2280
闇見神社福井県三方上中郡若狭町成願寺字御手洗水12−7
伊佐和神社三重県松阪市射和町1073

  • その他、八咫烏として祀られている神社も存在する。


最終更新日:2014/08/01
【 賀茂建角身命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【か】
【き】
【く】
【け】
【こ】