[HOME]  >   [祭神記]  >
鬼子母神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



鬼子母神
きしぼじん

別名
詞利帝母:かりていも
……

  • 出産・育児の神。

  • サンスクリット語の梵名をハーリーティーといい、「詞梨帝」はその音写。「詞利底」とも書く。別名、鬼子母神。

  • 元来、鬼神・般闍迦の妻で500人あるいは1万人の子供を持っていたとされ、他人の幼児を捕らえて食う鬼女であった。

  • 仏が彼女が一番可愛がっていた末子を隠して、子を失う母親の苦しみを悟らせ、 以後改心して安産と子供を守護する善神になった。

  • 像の形は、天女形で左手で懐中の幼子を抱き、右手で吉祥果(ザクロ)をとって宝宣台に坐して右足を踏み下げるものが有名。

  • 前世の彼女はごく普通の女性で、平凡に結婚していた。しかし懐妊しているときに、徹夜で踊ったりして流産してしまう。 その罪業を負ったことから、生まれ変わったときに鬼女となった。

  • ところが前世で彼女は、徳の高い人に500個のザクロを献上したことがあった。 それが唯一の功徳となって、鬼女と生まれてからも500人の子を授かったという。 また、多産、豊穣のシンボルともいう。

  • 『法華経』では、「法華経を読誦し受持する者を擁護せんと欲す」との誓願を立てており、 日蓮宗においては『法華経』の守護神として、また現世利益の神として信仰されている。

鬼子母神 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

宇伎多神社 参道滋賀県高島市野田501
夜都岐神社 境内奈良県天理市乙木町字宮山765

最終更新日:2013/10/11
【 鬼子母神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【か】
【き】
【く】
【け】
【こ】