[HOME]  >   [祭神記]  >
天香香背男
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



天香香背男
あまのかがせを

別名
天津甕星:あまつみかほし
加加勢男命/加加背男命:かがせをのみこと
可可瀬男命/可可背男命:かがせをのみこと
火火背男命:かがせをのみこと
香香世男神:かがせをのかみ
天香具背男命:あめのかがせをのみこと
北斗星神:ほくとのほしのかみ
三十三夜星神:さんじゅうさんやほしのかみ
星神:ほしのかみ
……
  • 天香香背男の香香は炫(かが)、背は「さえ」で、光の明るく輝くさま。 明るく光る星の神。あるいは彗星、流れ星の神格化か。 陰陽道では彗星や流れ星を凶の兆しとすることがあるという。

  • 天津甕星は天香香背男の別名。天に在る悪神で、折々怪光を表わして高天原の諸神を惑わす。 経津主神武甕槌命と天神の命を受けて葦原中国平定の際諸々の従わない神々を誅し、 最後に残ったのが星の神である天香香背男だけとなった。 そこで建葉鎚命を遣わせて復させた。

    最後まで逆らっていた神として、建御名方命との関係を示唆する説がある。

    天香香背男は星神を信奉する海洋民族のことかもしれない。 大海原にあっては星の運航の知識の有無が生死に直結することから信仰の対象となったと考えられる。

天香香背男 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

太平山神社 境内 星宮栃木県栃木市平井町659
穴石神社三重県伊賀市石川2291
植木神社三重県伊賀市平田699
陽夫多神社三重県伊賀市馬場951

最終更新日:2013/10/11
【 天香香背男:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】