[HOME]  >   [祭神記]  >
天之御影命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



天之御影命
あまのみかげのみこと

別名
天御影命:あまのみかげのみこと
天之三影之命:あまのみかげのみこと
明立天御影命:あけたつあめのみかげのみこと
……
  • 天津彦根命の子。 同じく天津彦根命の子の天麻比止都禰命と同神とする説がある。

  • 『新撰姓氏録』に、額田部湯坐連は天津彦命の子・明立天御影命の後とある。
    『先代旧事本紀』に天斗麻彌命額田部湯坐連等の祖とあり、 明立天御影命は天斗麻彌命とも同神と考えられる。結果的に天斗麻彌命=天麻比止都禰命となる。

  • 日子坐王は、天之御影神の娘・息長水依比売を娶って、丹波比古多々須美知能宇斯王、水穂之真若王、神大根王(八瓜入日子王)、 水穂五百依比売、御井津比売の五柱を生んだ。

  • 一般に、天御陰命と同神と考えられているらしい。

天之御影命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

御上神社滋賀県野洲市三上838
日前國懸神宮和歌山県和歌山市秋月365

最終更新日:2013/10/11
【 天之御影命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】