[HOME]  >   [祭神記]  >
宇夜都辨命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



宇夜都辨命
うやつべのみこと

……
  • 天神。出雲国宇夜輝の山峯に天降りした。

  • 出雲国風土記、出雲郡建部郷の由来に、「先に宇夜の里と名づけたわけは、宇夜都弁の命が、その山に高天原からお降りになった。つまりその神の社が、今に至ってもやはりここに鎮座しておられる。だから、以前は宇夜の里といった。その後、改めて健部と名づけたわけは、纏向の槍代の宮で天下をお治めになった天皇(景行天皇)がおっしやったことには、「わたしの御子、倭健の命の御名を忘れまい」と仰せられて健部の制を定め給うた。その時、神門の臣古祢を、健部とお定めになった。そこで健部の臣らが、大昔から今になるまで、ずっとここに住まいしている。だがら、健部という。」とある。

宇夜都辨命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

神代神社島根県出雲市斐川町神庭字宇屋谷485

最終更新日:2013/11/06
【 宇夜都辨命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】