[HOME]  >   [祭神記]  >
菟上足尼
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



菟上足尼
うなかみのすくね

別名
菟足神:うなたりのかみ

同名神
菟上王:うなかみのみこ
兎上命:うなかみのみこと
……
  • 生江臣の祖、孝元天皇の裔・葛城襲津彦命の四世孫。

  • 雄略天皇の頃、穂国の国造となった。



  • 菟上足尼と同じ「菟上」の名を持つ神々が存在するので、ここで紹介。

  • 菟上王は、彦坐王の子である大俣王の子で曙立王の弟。比売陀君の祖。
    物言わぬ品牟都和気命に付き添って出雲大神を拝し、神宮造築を奉行した。

  • 兎上命は、『常陸国風土記』によると、薩都里の土雲を討ち「よく殺さしめて福(さち)なるかも」といい、佐都(薩都)の地名となった。

菟上足尼 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

菟足神社愛知県豊川市小坂井町宮脇2

最終更新日:2015/01/18
【 菟上足尼:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】