[HOME]  >   [祭神記]  >
石土毘古神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



石土毘古神
いわつちびこのかみ

……
  • その名の通り岩や土の神で、男神とされている。

  • 『古事記』において、伊邪那岐命伊邪那美命が国生みを終えた後、 神々を生んだ。まず、大事忍男神(おおことおしおのかみ)を生んだ。

  • 次に建物関連の神として、石土毘古神(石神)、石巣比売神(石砂神)、大戸日別神(家屋の戸の神)、 天之吹男神(家屋の屋根を葺く神)、大屋毘古神(家屋の神、屋根の神)、風木津別之忍男神(風除けの神か?)を生んだ。

石土毘古神 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

石鎚神社 口之宮本社愛媛県西条市西田甲797
石土神社高知県南国市十市4327
谷保天満宮東京都国立市谷保5208

最終更新日:2013/10/11
【 石土毘古神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】