[HOME]  >   [祭神記]  >
菟道稚郎子
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



菟道稚郎子
うじのわきいらつこ

別名
宇遅能和紀郎子:うじのわきいらつこ
宇治若郎子命:うじのわきいらつこのみこと
宇治和気伊良津古皇子:うじのわきいらつこのみこ
菟道皇子:うじのみこ
宇治天皇:うじのすめらみこと
……
  • 第十六代天皇。第十四代・応神天皇の皇子。第十五代・仁徳天皇の異母弟。母は『古事記』では丸邇の比布礼能意富美の娘・宮主矢河枝比売、『日本書紀』では和珥臣の祖である日触使主の娘・宮主宅媛。

  • 渡来人の王仁や阿直岐に典籍を学び、父・応神天皇にその才能を認められて皇太子に立てられた。
    ところが応神天皇の没後、異母兄の大山守皇子が皇位を狙って菟道稚郎子を攻撃。 菟道稚郎子は策を用いて大山守皇子を宇治川に落として殺したが、 その後、異母兄の大鷦鷯尊(後の仁徳天皇)に即位をせまり、 大鷦鷯尊も先帝の意志を重んじて固辞した。
    そこで菟道稚郎子は菟道宮に退いて三年。なお大鷦鷯尊が即位しないため、 これ以上天下を煩わせてはならないと自尽して崩じた。
    大鷦鷯尊は自ら赴いて菟道に山上に奉葬し、即位して仁徳天皇となった。

菟道稚郎子 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

宇治神社京都府宇治市宇治山田1
宇治上神社京都府宇治市宇治山田59
千栗八幡宮佐賀県三養基郡みやき町大字白壁字千栗
御香宮神社京都府京都市伏見区御香宮門前町174
今八幡宮山口県山口市上宇野令828−1
宇佐神宮 境内 春宮神社大分県宇佐市南宇佐2859
石清水八幡宮 境内 水若宮社京都府八幡市八幡高坊30
鰐河神社 境内 若宮神社香川県木田郡三木町下高岡1843
厳原八幡宮神社 境内 平神社長崎県対馬市厳原町中村字清水山645

最終更新日:2013/10/11
【 菟道稚郎子:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】