[HOME]  >   [祭神記]  >
石筒之男神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



石筒之男神
いわつつのおのかみ

別名
磐筒男命:いわつつのおのみこと
磐筒女命:いわつつのめのみこと
……
  • 伊邪那岐は、伊邪那美火の神・迦具土神を生んだ際に、 陰所を焼いて死んでしまったのを哀しみ怒り、 十拳剣(長い剣)を抜いて迦具土神を斬り殺してしまう。 この時、剣についた血が湯津石村に走り付いて神々が化生する。

    『古事記』では、剣の鋒端(さき)についた血から石拆根拆石筒之男の三神、 剣の鐔(つば)際についた血から甕速日(みかはやび)・樋速日(ひはやび)・建御雷(またの名を建布都神)の三神、 刀の柄に溜った血が指の股から漏れてあらわれた闇淤加美(くらおかみ)闇御津羽(くらみつは)の二神、 計八神が十拳剣によって生れた。

  • 『日本書紀』の一書によれば、伊邪那岐神が火神の迦具土神を斬ったとき、 剣から滴る血が固まって天安河辺の岩群(五百筒磐村)になった。そして「即ちこれ経津主神の祖なり」とある。

    他の一書では血に染まった岩群を磐裂神根裂神といい、 その御子磐筒男磐筒女と男女一対の神とされ、経津主神の親としている。

  • 石(磐)筒は刀筒と考え堅固な刀剣とする説、磐が砕けて粒となって飛び散ったことを意味するとする説などがある。また、単に岩石の神とする説もある。

石筒之男神 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

鬼石神社群馬県藤岡市鬼石721
赤城神社群馬県前橋市富士見町赤城山4−2
二宮赤城神社群馬県前橋市二之宮町886
総社神社群馬県前橋市元総社町1−31−45
香取神社滋賀県長浜市西浅井町塩津中332
老尾神社千葉県匝瑳市生尾75
香取神宮 境内 匝瑳神社千葉県香取市香取1697

最終更新日:2013/10/11
【 石筒之男神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】