[HOME]  >   [祭神記]  >
天宇受売命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



天宇受売命
あめのうづめのみこと

別名
天鈿女命/天鈿売命:あめのうづめのみこと
天宇須女命:あめのうづめのみこと
宮比神:みやひのかみ
……
  • 『古事記』には、天照大御神が天の岩屋に隠れ給うた時、 天宇受売命が、槽を伏せた上で踊り、神がかりながら乳房を出し、次いで紐を解き、衣をさげて女陰をあらわに出したので神々は大笑いしたとある。 神々が楽しげに騒いでいるので、天照大御神が気になって岩戸を開いたという。

  • この天宇受売命の所作が、神楽舞の起源。『日本書紀』では天鈿女命と呼ばれ、「猿女君の遠祖」とあり、 「天の石窟戸の前に立ちて巧に俳優(わざおぎ)を作し」とも書かれている。

  • 宇受(鈿)は髪飾りのこと。髪飾りをして神祭りを行う女神。

  • 天孫降臨に際し瓊々杵尊に従った五伴緒神(五部神:天児屋根命太玉命天鈿女命石凝姥命玉屋命)の一柱。

  • 天孫邇邇芸命が豊葦原中国に降臨した時、 天之八衢(八方の道の辻・分岐点)にいて高天原と下の葦原中国をてらしていた神がいた。
    天孫邇邇芸命は天宇受売命に命じて「吾が御子(邇邇芸命)の天降りする道をさえぎるのは誰か」と問わせた。 すると「吾は国津神。猿田彦と申すが、天津神の御子が天降りされると聞いたので、御先導申し上げようとここまで出迎えに来たのだ」と答えた。
    天孫邇邇芸命は天宇受売命に「猿田彦神は汝が顕した神だから、汝がお送りするがよい。 またその神の名を汝が名にとって仕えるがよい」と言われたので、 それ以後天宇受売命を猿女君と呼ぶようになった。

  • 後に、猿田彦神は天宇受売命と結婚。子孫を猿女と称し、神楽・伎芸などの祖神と仰がれ祀られている。

  • 稲荷三座の一座である佐田彦大神猿田彦と考えて、 同じく稲荷大神三座の一座である大宮売神を、天宇受売命の別名とする説があり、 宮比神として祀られる場合も多い。

天宇受売命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

荒川神社新潟県胎内市桃崎浜187
鉾衝神社山梨県笛吹市八代町米倉御所782
糟目春日神社愛知県豊田市渡刈町北田62−4
志波姫神社宮城県大崎市古川桜ノ目高谷地205
志波姫神社宮城県栗原市高清水五輪44−4
生野神社京都府福知山市三俣531
大田神社京都府京都市北区上賀茂本山340
猿田彦神社京都府京都市上京区上御霊前町489
出雲路幸神社島根県安来市西松井町88
許曾志神社島根県松江市古曽志町字松尾466
野白神社島根県松江市乃白町779
青渭神社東京都稲城市東長沼1054
佐倍乃神社宮城県名取市愛島笠島字西台2
太田神社滋賀県高島市安曇川町青柳
賣太神社奈良県大和郡山市稗田町319
羽黒神社 境内 宇受賣神社宮城県気仙沼市後九条271
大國魂神社 境内 宮乃咩社東京都府中市宮町3−1
杉杜白髭神社 境内 宮比神社福井県福井市勝見2−1−6
金鑚神社 境内 宮比神社埼玉県児玉郡神川町二ノ宮750
筑土八幡神社 境内 宮比神社東京都新宿区筑土八幡町2−1
皇大神宮 内宮 境内 宮比神三重県伊勢市宇治館町
椿大神社 境内 椿岸神社三重県鈴鹿市山本町御旅1871
都波岐神社・奈加等神社 境内 小川薬王子社三重県鈴鹿市一ノ宮町1181
吉備津神社 境内 一童社岡山県岡山市北区吉備津931
尾針神社 境内 注連宮岡山県岡山市北区京山2−2−2
西奈彌羽黒神社 境内 神明宮新潟県村上市羽黒町6−16
五泉八幡宮 境内 稲荷神社新潟県五泉市宮町5−46
高千穂神社 境内 荒立神社宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
熊野大社 境内 伊邪那美神社島根県松江市八雲町熊野2451
内神社 境内 三保神社島根県松江市大垣町746
三峯神社 境内 猿田彦神社埼玉県秩父市三峰298−1
金華山 黄金山神社 境内 金椿神社宮城県石巻市鮎川浜金華山5
大縣神社 境内 大国恵比須神社愛知県犬山市宮山3
金刀比羅宮 境内 菅原神社香川県仲多度郡琴平町892−1
新田神社 境内 高良神社鹿児島県薩摩川内市宮内町1935−2
北野天満宮 境内 稲荷社京都府京都市上京区馬喰町
大和神社 境内 増御子神社奈良県天理市新泉町306
登彌神社 境内 豊穂神社奈良県奈良市石木町648-1
洲宮神社千葉県館山市洲宮921
賀羅加波神社広島県三原市中之町2174−2
磯部稲村神社茨城県桜川市磯部字稲置779
宗形神社鳥取県米子市宗像298
天岩戸神社西本宮宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸
三宅神社宮崎県西都市三宅3415
佐肆布都神社長崎県壱岐市芦辺町箱崎大左右触1146
天手長男神社長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触730
小野神社島根県益田市戸田町字松雲山イ−858
阿利神社島根県出雲市塩冶町1686
須美禰神社島根県雲南市加茂町立原115
多久神社島根県出雲市多久町274
日前國懸神宮和歌山県和歌山市秋月365
烏森神社東京都港区新橋2−15−5
白髪神社埼玉県熊谷市妻沼字女体1038
香取五神社滋賀県長浜市西浅井町祝山288
長田神社滋賀県高島市永田1203
大麻神社香川県善通寺市大麻町上ノ村山241
太平山神社栃木県栃木市平井町659
戸隠神社日之御子社長野県長野市戸隠
赤國神社京都府綾部市舘町宮ノ前72−1
善知鳥神社青森県青森市安方2−7−18
出雲路幸神社京都府京都市上京区幸神町303
門僕神社奈良県宇陀郡曽爾村今井733
師岡熊野神社神奈川県横浜市港北区師岡町1137
子持神社群馬県渋川市中郷2910
伊勢寺神社三重県松阪市伊勢寺町相田972
須麻漏賣神社跡三重県多気郡多気町平谷
佐那神社三重県多気郡多気町仁田156

最終更新日:2015/01/18
【 天宇受売命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】