[HOME]  >   [祭神記]  >
孝霊天皇
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



孝霊天皇
こうれいてんのう

別名
大倭根子日子賦斗邇命:おおやまとねこひこふとにのみこと
大日本根子彦太瓊天皇:おおやまとねこひこふとにのすめらみこと
……
  • 欠史八代の一人。

  • 第七代天皇。第六代・孝安天皇の皇子。 母は『古事記』では姪忍鹿比売命、 『日本書紀』では姪押媛。

  • 黒田の廬戸宮にて統治された。

  • 『古事記』では、孝霊天皇は十市県主の祖・大目の娘、細比売命を娶って、 大倭根子日子国玖琉命(のちの第八代天皇・孝元天皇)をもうけた。
    また、春日の千々速真若比売を娶って、千々速比売を生んだ。
    また、意富夜麻登玖邇阿礼比売命を娶って、夜麻登登母々曾毘売命日子刺肩別命比古伊佐勢理毘古命大吉備津日子命)、倭飛羽矢若屋比売を生んだ。
    また、阿礼比売命の妹・蠅伊呂杼を娶って、日子寤間命若日子建吉備津日子命を生んだ。
    大吉備津日子命と若日子建吉備津日子命は吉備国を平定し、大吉備津日子命は吉備の上道臣の祖となり、若日子建吉備津日子命は吉備の下道臣、笠臣の祖となった。
    日子寤間命は針間(播磨)の牛鹿臣の祖。日子刺肩別命は高志(越)の利波臣、豊国の国前臣・五百原君・角鹿済直の祖。

  • 『日本書紀』では、孝霊天皇は細媛命を皇后として、 大日本根子彦国牽天皇(のちの第八代天皇・孝元天皇)をもうけた。
    また、倭国香媛を妃として、倭迹迹日百襲姫命彦五十狭芹彦命倭迹迹稚屋姫命を生んだ。
    また、絚某弟を妃として、彦狭島命稚武彦命を生んだ。稚武彦命は吉備臣の祖。

  • 御陵は、『古事記』では片岡の馬坂の上。 『日本書紀』では片丘馬坂陵。

孝霊天皇 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

二宮神社広島県福山市神辺町八尋1203
三島神社新潟県柏崎市剣野町2−18
伊豫神社愛媛県伊予郡松前町神崎字小斎院193
吉備津彦神社岡山県岡山市北区一宮1043
吉備津神社 境内 本宮岡山県岡山市北区吉備津931
水主神社 境内 孝霊神社香川県東かがわ市水主1418

最終更新日:2013/10/11
【 孝霊天皇:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【か】
【き】
【く】
【け】
【こ】