[HOME]  >   [祭神記]  >
石拆神・根拆神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



石拆神
いわさくのかみ

別名
石柝神/岩柝神/磐柝神:いわさくのかみ
石裂神/岩裂神/磐裂神:いわさくのかみ
石烈神/岩烈神/磐烈神:いわさくのかみ
五百筒磐村:いほついわむら
岩咲之命:いわさくのみこと

   根拆神
ねさくのかみ

別名
根柝神/根裂神/根烈神:ねさくのかみ

……
  • 伊邪那岐は、伊邪那美火の神・迦具土神を生んだ際に、 陰所を焼いて死んでしまったのを哀しみ怒り、 十拳剣(長い剣)を抜いて迦具土神を斬り殺してしまう。 この時、剣についた血が湯津石村に走り付いて神々が化生する。

    『古事記』では、剣の鋒端(さき)についた血から石拆根拆石筒之男の三神、 剣の鐔(つば)際についた血から甕速日(みかはやび)・樋速日(ひはやび)・建御雷(またの名を建布都神)の三神、 刀の柄に溜った血が指の股から漏れてあらわれた闇淤加美(くらおかみ)闇御津羽(くらみつは)の二神、 計八神が十拳剣によって生れた。

  • 石拆は石(岩・磐)を裂く程凄まじい威力、根拆と木の根を裂く程凄まじい威力という意味で、刀剣の神格化、あるいは雷神と考えられている。

  • 『日本書紀』の一書によれば、伊邪那岐神が火神の迦具土神を斬ったとき、 剣から滴る血が固まって天安河辺の岩群(五百筒磐村)になった。そして「即ちこれ経津主神の祖なり」とある。

    他の一書では血に染まった岩群を磐裂神根裂神といい、 その御子磐筒男磐筒女が生んだのが経津主神であるとしている。

石拆神・根拆神 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

磐坂神社島根県松江市八雲町西岩坂946
佐久神社山梨県笛吹市石和町河内80
加蘇山神社栃木県鹿沼市上久我3440
石井神社京都府京都市西京区大原野石作町586
速星神社富山県富山市婦中町速星
香取神社滋賀県長浜市西浅井町塩津中332
太平山神社 境内 星宮栃木県栃木市平井町659
椋神社埼玉県秩父市下吉田7377

最終更新日:2013/10/11
【 石拆神・根拆神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【あ】
【い・ゐ】
【う】
【え・ゑ】
【お・を】