[HOME]  >   [祭神記]  >
和気清麻呂
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



和気清麻呂
わけのきよまろ

関連祭神名
和気広虫:わけのひろむし
……
  • 天平五年(733)〜延暦十八年(799)。奈良中期より平安初期にかけての官人。 祖先は垂仁天皇の御子・鐸石別命。本姓は磐梨別公(いわなすわけのきみ)、 また藤野別真人(ふじのわけのまひと)を称し、和気宿禰さらに和気朝臣に改姓された。

  • 備前国藤野郡に生まれ、その後、孝謙(称徳)天皇に近侍していた姉・和気広虫の引きによって、 おそらく兵衛(とねり)として出仕したものと思われる。
    藤原仲麻呂の乱の功績により、天平紳護元年(765)藤野別真人を賜姓され、 広虫とともに称徳天皇に重用されて、従五位下近衛将監となる。

  • やがて皇位を望んだ僧道鏡の事件にさいし、姉に代わって宇佐八幡に使し、神託をうけてこれを阻止した(字佐八幡宮神託事件)。
    そのため一時別部穢(きたな)麻呂と名をかえられ、大隅国に流されたが、 光仁天皇の即位とともに京に召されてもとの従五位下に復し、 桓武天皇の側近として活躍した。

  • 長岡京造営には陰の役割をはたし、従四位下より正四位下に昇叙し、 ついで、平安京造営には造宮大夫として事業をにない、従三位に叙せられ、公卿に列した。
    この間、摂津大夫として水利事業を進め、民部大輔として「民部省例」を撰するなど、 民政にあかるく、さらに美作・備前両国国造に任ぜられ、故郷の百姓の利益にも力をつくした。

  • 延暦十八年(799)姉広虫についで没した時は民部卿・造営大大・従三位で、正三位を贈られた。 人となり高直、匪躬の節ありと評された。

和気清麻呂 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

護王神社京都府京都市上京区桜鶴円町385
宇佐神宮 境内 護王神社大分県宇佐市南宇佐2859

最終更新日:2013/10/12
【 和気清麻呂:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【わ】