[HOME]  >   [祭神記]  >
多遅摩毛理
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



多遅摩毛理
たぢまもり

別名
田道間守:たぢまもり
……
  • 多遅麻毛理は、天之日矛の子孫。三宅連の祖。菓子の祖神。

  • 天之日矛は前津見(『日本書紀』では摩多烏)と結婚して、多遅摩母須玖(『日本書紀』では但馬諸助)を生んだ。
    その子孫は多遅摩斐泥−多遅摩比那良岐と続き、この比那良岐の子が多遅麻毛理、多遅摩比多訶、清日子の三人。
    『日本書紀』では、多遅摩斐泥は但馬日楢杵とあり、そのあと「日楢杵、清彦を生み、清彦、田道間守を生みきといふ」とあって、 『古事記』と『日本書紀』では多少系図の位置が異なる。

  • 多遅麻毛理(『日本書紀』では田道間守)は、第十一代・垂仁天皇の命によって、非時の香菓(トキジクノカグノコノミ)を求め海を越えて常世国に渡った。 そして十年かかって果実つきの枝を持ち帰ったが、天皇はすでに崩ぜられていた。
    多遅麻毛理は持ち帰った半分を皇后に献じ、残りを亡き天皇の御陵に捧げて、歎き悲しみながら死んだ。
    景行天皇は、これを哀れみ、垂仁天皇御陵そばの池の中嶋に葬られた。よって多遅麻毛理を祀る神社の多くは「中嶋」と呼ばれる。

  • 非時の香菓は今の橘ともいわれている。また香菓を菓子と考え、多遅麻毛理は、菓子の祖神として崇敬されている。

多遅摩毛理 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

中嶋神社兵庫県豊岡市三宅1
能登生國玉比古神社 氣多本宮石川県七尾市所口町ハ48
太宰府天満宮 境内 中島神社福岡県太宰府市宰府4−7−1
湯神社 境内 中嶋神社愛媛県松山市道後湯之町

最終更新日:2013/10/11
【 多遅摩毛理:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【た】
【ち】
【つ】
【て】
【と】