[HOME]  >   [祭神記]  >
日子八井命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



日子八井命
ひこやゐのみこと

……
  • 神武天皇の御子。第二代・綏靖天皇の兄。

  • 『古事記』によると、神武天皇は即位して伊須気余理比売命と結婚され、 日子八井命神八井耳命、神沼河耳命(のちの綏靖天皇)の三柱の御子をもうけられた。

  • 『日本書紀』には、日子八井命は登場せず、媛蹈鞴五十鈴媛との間に、神八井命、神渟名川耳尊のみが生まれたとある。 『先代旧事本紀』には、日子八井命は弟・神八井耳命の御子とある。

  • また『古事記』の、神八井耳命と神沼河耳命の兄弟が、腹違いの兄・多芸志美美命を殺し、 その時、神八井耳命は臆したため、弟の神沼河耳命が皇位を継いだ話に、日子八井命は登場しない。

  • 邇邇芸命の子も三柱(火照命火須勢理命火遠理命)あり、末子が皇位を継承。
    三柱の中の二柱だけが登場し、一柱は無視される形になっている。

  • 日子八井命は、茨田連、手島連の祖。

  • 熊本の阿蘇神社では、日子八井命を国龍明神(吉見神)とし、 神八井耳命の子・健磐龍命の妃である阿蘇津姫命の父神となっている。

日子八井命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

草部吉見神社熊本県阿蘇郡高森町草部2175
阿蘇神社熊本県阿蘇市一の宮町宮地

最終更新日:2013/10/11
【 日子八井命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【は】
【ひ】
【ふ】
【へ】
【ほ】