[HOME]  >   [神社知識]  >
【神社建築】
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 神社境内は、神聖な場である。故に俗世界との間に、なんらかの境界が設けられる。

 神域への侵入路には一つまたは複数の鳥居が立つ。
 本殿の周りは、多く木製あるいは石製ので囲まれる。
 その周りは、仏教建築の応用により、廻廊楼門も用いられる。

 また、象徴的な禊のための、手水舎灯篭がある。

 神社を構成する建築物には以下のものがある。勿論、全てを完備する必要はない。また、神社によって呼称も違う。
 ・祭神が鎮座する本殿。なかには、本殿を設けず、磐座磐境神木神奈備等を鎮座の場とする場合もある。
 ・神事や祭の場としての拝殿舞殿あるいは神楽殿幣殿
 ・祭の準備や宮座儀礼、直会に用いられる施設。
 ・宝物や祭具を保管する蔵。
 ・神饌や神酒を造ったり調理する神饌殿
 ・神社の運営を行う社務所

 【神社建築】では、これらの種類・意味などについて、調べてみたい。


最終更新日:2013/10/09
【 神社建築 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀