[HOME]  >   [神社知識]  >
【鳥居】 『鳥居の研究』根岸栄隆による分類 第三分類:明神系
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 笠木の下に島木があるが、島木神明系とことなり、笠木に反りのある鳥居。明神系。
 通常、鳥居と言えばこの形。


当ページの分類は、昭和十八年発行の根岸栄隆著『鳥居の研究』をもとに作成したが、六十年以上経過しているので、 現在存在しないものも多数ある。
また、根岸栄隆の個人的研究による分類であり、一般的な分類と異なる点もある。

【奈良春日形】
 ・笠木の下に島木があり、笠木に反りがある。
 ・柱、貫、島木は朱塗り(丹塗り)
 ・笠木の鼻(両端)は斜めに切り落としているが、島木は垂直に切られている
奈良春日大社一之鳥居
【京形明神】
 ・笠木の下に島木があり、笠木に反りがある。
 ・柱、貫、島木は朱塗り(丹塗り)
 ・笠木の鼻(両端)は斜めに切り落とし、島木も斜めに切られている
京都久我神社
【後期形八幡鳥居】
 ・笠木の下に島木があり、笠木に反りがある。
 ・笠木の鼻(両端)は斜めに切り落としているが、島木は垂直に切られている。

 ・柱、貫、島木は塗られていない点が奈良春日形と異なる
京都石清水八幡宮
【中山鳥居/伴氏鳥居】
 ・笠木の下に島木があり、笠木に反りがある。
 ・笠木の鼻(両端)は斜めに切り落としているが、島木は垂直に切られている。
 ・柱、貫、島木は塗られていない。

 ・上記後期形八幡鳥居の特徴に加え、貫が柱内に納まっているのが特徴
岡山中山神社
【明神鳥居】
 ・最も近世的な表現を持ち、最も普遍的な形式。
 ・笠木の下に島木があり、笠木に反りがある。
 ・笠木の鼻(両端)は斜めに切り落とし、島木も斜めに切られている。

 ・柱、貫、島木は塗られていない点が京形明神と異なる
鶴岡八幡宮
【日月鳥居】
 ・明神鳥居の亜種で、額束の正面に円形、背面に半月形の浮彫を持つもの
 ・あるいは、額束に円形の穴のあるもの

 ・渋谷北谷稲荷神社にある(あった)らしいが未確認。
日光滝尾神社
【赤城鳥居】
 ・明神鳥居の亜種で、柱の根元、亀腹の下にスキー板状の台輪がある

 ・牛込赤城神社の大鳥居らしいが未確認。
探索中
【宝珠鳥居】
 ・後期形八幡鳥居の亜種で、笠木の上、ちょうど柱の頭部に当たる場所に宝珠が載っている

 ・成田不動尊境内裏山の出世稲荷にあるらしいが未確認。
探索中
【双龍鳥居/龍鳥居】
 ・明神鳥居に装飾として、柱に龍の彫刻を施したもの

 ・品川神社にある。足穂稲荷神社にもあるらしい。
品川神社
【住吉鳥居】
 ・明神鳥居の亜種で、柱が角柱のもの

 ・住吉大社が有名。本殿の御扉前には貫の出ない朱の住吉鳥居が建っている。
住吉大社
【台輪鳥居】
 ・明神鳥居に構造的補強で、柱の上部、島木と接する箇所に台輪があるもの
奈良吉野山口神社
【越前鳥居】
 ・笠木の上に笠木がある鳥居
福井毛谷黒龍神社
【稲荷鳥居】
 ・京形明神の亜種で、柱の下部に黒い根包みがあるもの
伏見稲荷大社
【藁座鳥居】
 ・明神鳥居の亜種で、柱の下部に藁座があるもの
 ・根巻鳥居ともいう。
三峯神社奥宮
【大隅鳥居】
 ・藁座鳥居の亜種で、大隅地方に見られる形式。
 ・特徴は八角形の藁座と、白く塗られた島木
鹿児島大穴持神社
【宇佐鳥居】
 ・藁座鳥居の亜種で宇佐神宮の鳥居。台輪・藁座があり、額束がなく、貫の端が斜めに切り落とされているあるもの
宇佐神宮


最終更新日:2013/10/09
【 鳥居:『鳥居の研究』根岸栄隆による分類 第三分類:明神系 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀