HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


品川神社
しながわじんじゃ
[東京旅行] 東京都品川区北品川3−7−15  Zenrin Data Com Maps display !!



朱印のページへ!!

旧郷社

御祭神
天比理乃咩命 素盞雄命 宇賀之賣命

東京都品川区にある。
京浜急行の新馬場(しんばんば)駅の北西100mほどの北品川に鎮座。
駅を出て、第一京浜を渡ると、境内入口の鳥居が建っている。

当社の鳥居には左右の柱に双龍の彫刻が施された珍しい形式。
左の柱に昇龍、右の柱に降龍が参拝客を迎えてくれる。

鳥居の右手には「元准勅祭品川神社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐり、参道の階段を上ると境内だが、
参拝当日には、階段から境内の右手で、樹木の枝葉を落とす作業をしており
階段の中央に赤いコーンが並んでいた。

階段の中ほどから、左手にゴツゴツした富士塚がある。
明治二年、北品川宿の丸嘉講講中三百人によって造られたもので
神仏分離で破壊されたが、明治五年に再築され、
大正十一年、第一京浜国道建設にともなって移築されたもの。
階段を上ると富士塚の脇に境内社の浅間神社が祀られている。

参道を進むと幾つかの鳥居があり、正面に入母屋造の拝殿。
屋根は青い銅葺きで、柱は朱。壁は白くて堂々とした構え。
拝殿の後方には流造の本殿がある。

本殿の裏手から南側に、板垣退助の墓所がある。
「吾死スルトモ自由ハ死セン」という言葉で有名な明治の政治家。
板垣退助の他にも幾つかの墓が並んでいるが、板垣家縁の墓だと思う。
その場所は、元は東海寺塔頭高源院の敷地だったが
関東大震災後に高源院は移動され、この墓所だけが残されたらしい。

文治三年(1187)、後鳥羽天皇の御代
源頼朝が海上交通安全と、祈願成就の守護神として、
安房国の洲崎明神を勧請して、品川大明神と称したのが当社の起源。

元応元年(1319)、後醍醐天皇の御代、
当国守護職の二階堂出羽入道道蘊が、宇賀之売命を勧請し
社殿等を再建して、社地を吉端岡と名付けた。

文明十年(1478)六月、太田道灌が
素盞鳴尊を勧請し、現在の祭神となった。

慶長五年(1600)徳川家康が関ヶ原の戦いに出陣の折
当社神前にて戦勝を祈願し太太神楽を奏し、後に神輿、面等奉納。

寛永十四年(1637)将軍徳川家光の命により東海寺鎮守と定められ、
建物の修復がすべて幕府によって賄われる幕府の御修復所となった。

同じく北品川鎮座の荏原神社が南の天王社と呼ばれ
当社の通称は北の天王社。

明治になって、天皇の勅使によって祭祀・奉幣が行われる准勅祭社に定められた。
なお、准勅祭社の中の品川神社は当社のことではなく、
荏原神社であるとする説もあるらしい。

『東京都神社史料第五輯』には、
明治期の「御新政後記録」や「神祇官判事上申書」などが登載されている。

「御新政後記録」とは、品川神社第十三代神主小泉勝麿(小泉帯刀明治三年没)が
明治元年より三年(准勅祭社制定年)までの諸通達・取調書・意見具申書を記録したもの。

そこには、明治元年に東京の十社神主が招集され
植松少将より准勅祭社を仰せつかった事や、その時の席次など、
詳細に記述されている。
面白いので、席次だけ転記しておく。

第一、芝神明神主 小泉大内蔵(港区芝大門)
第二、日枝神社神主 樹下内膳(千代田区永田町)
第三、根津神社神主 伊吹左京(文京区根津)
第四、神田神社神主 芝崎美作守(千代田区外神田)
第五、亀戸天神社神主 大鳥居信敬(江東区亀戸)
第六、駒込白山神社神主 中井伊織(文京区白山)
第七、品川神社神主 小泉帯刀(品川区北品川)
第八、冨岡八幡神主 冨岡栄(江東区富岡)
第九、赤坂氷川神社神主 斉藤織部(港区赤坂)
第十、王子神社神主 大岡兵庫(北区王子本町)

なお、当時招集され、准勅祭社に指定された十社は、
現在、東京十社と称されている。

参道階段脇、左手に浅間神社が祀られ、
境内右手に御嶽神社と祖霊社。
拝殿の右手には、阿那稲荷神社が祀られている。

阿那稲荷社は、上社と下社に分かれており、
下社の社殿内に、八百萬神社・大國主恵比須神社・天王白龍辨財天社の
三つの祠と、一粒萬倍の泉がある。
上社は天の恵み、下社は地の恵みと霊泉で、天・地・水の恵みを祀ったものらしい。
一粒萬倍にはザルが置かれていて銭を洗うと、
文字通り「萬倍」になるらしいので、持っていた小銭を洗ったが
紙幣を洗えば良かったかもしれない。

参拝を終え、参道階段を戻ると、第一京浜の向こうに京浜急行が走っていた。


第一京浜に面した境内入口

昇龍

降龍

境内鳥居

境内

境内は東向き

拝殿

本殿

本殿裏側(南側)に板垣退助の墓

拝殿

神楽殿

阿那稲荷上社

阿那稲荷下社

下社内に一粒萬倍の泉

下社内の三祠

富士塚と浅間神社

御嶽神社

祖霊社

境内から鳥居、第一京浜の向こうに京浜急行

品川神社御由緒
■御祭神
天比理乃咩命天太玉命(天岩戸の神話に登場する神様)の后神。
祈願成就・航海安全の神。 源頼朝公御勧請。
宇賀之売命お稲荷様。農業・商業・産業繁栄の神。 二階堂道蘊公御勧請。
素盞鳴尊天王様。風水害除け・疫病(病気)除けの神。 太田道灌公御勧請。
■御由緒
今からおよそ八百年程前の平安時代末期の文治三年(一一八七)に、 源頼朝公が安房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座洲崎神社)の天比理乃咩命を 当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。
やがて、鎌倉時代末期の元応元年(一三一九)に二階堂道蘊公が、 「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明十年(一四七八)に、 太田道灌公が「素盞鳴尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。
慶長五年(一六〇〇)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を 祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿) などを奉納されました。
また、寛永十四年(一六三七)三代将軍徳川家光公により東海寺が建立され当社が その鎮守と定められ、「御修覆所(神社の建物の再建・修復などは全て幕府が賄う) となり、元禄七年(一六九四)・嘉永三年(一八五〇)の二度の社殿の焼失の際には 時の将軍の命により再建が行われる等、徳川将軍家の庇護を受けました。
時代は明治に移り、同元年(一八六八)十一月には明治天皇様が、 新都・東京の安寧と国家の繁栄を御祈願されるために当社を含んだ都内の十の神社を 「准勅祭神社」と定められ、御勅使が御参拝になられ御祈願をされました。
大東亜戦争の折は、当社は幸いにして戦火を免れましたが、社殿の老朽化が進み、 昭和三十九年(一九六四)氏子各位のご協力により現在の社殿が再建されました。
■年間祭事
一月一日 歳旦祭 今年一年の幸福と弥栄を祈願します(太太神楽一座奉納)。
二月三日 節分祭 立春を迎え豆まきを行います。
春分の日 七つ鳥居めぐり 境内にある七つの石の鳥居をくぐり、中風除け(無病息災)を祈ります。
四月十四・十五日 阿那稲荷社春祭 末社・阿那稲荷社の春の祭典。
四月十五日直後の日曜日 春祭(春の大祭) 万物の生成する春を迎え、諸々の産業の発展を祈願します(太太神楽六座奉納)。
六月七日に近い日曜を含む金・土・日曜日 例大祭(北の天王祭) 一年の内で最も大きな祭典。氏子の繁栄と国家・皇室の弥栄を祈願します(太太神楽二座奉納)。
六月三十日 大祓祭 上半期の罪や穢を形代に託し祓い清め、健康で無事に過ごせるように祈願します。
七月上旬 富士塚開き 境内にある富士塚の山開きの行事(品川区指定無形民俗文化財)。
七月十五日 祖霊社・忠魂碑慰霊祭 祖国日本の国の為に尊い命を捧げた英霊の御霊を慰め永遠の平和を祈り、祖先に感謝をします。
秋分の日 七つ鳥居めぐり 境内にある七つの石の鳥居をくぐり、中風除け(無病息災)を祈ります。
十月四・五日 阿那稲荷社秋祭 末社・阿那稲荷社の秋の祭典。
十一月二十三日 新嘗祭 今年とれた新穀をお供えして豊かな実りに感謝し、更なる努力を誓い、益々の産業の発展を祈願します(太太神楽三座奉納)。
十二月三十一日 大祓祭 下半期の罪穢を祓い清め、心身共に清々しい気持ちで新年を迎えられるように祈願します。

−社頭案内板−



由緒

品川神社の由来は、後鳥羽天皇の御世、文治三年(1187年)に、源頼朝が海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である、天比理乃咩命を勧請して、品川大明神と称した。後醍醐天皇の御世(1319年)に、当国の守護職二階堂出羽入道道蘊が、宇賀之売命を勧請し社殿等を再建し社地を吉端岡と名付けた。永享四年正清入道幸純社殿等を再建する。(幸純は道蘊の子孫なること南品川海晏寺に詳かなり。)文明十年六月太田道灌、素盞鳴尊を勧請する。慶長五年徳川家康関ヶ原の戦いに出陣の折神前にて祈願し太太神楽を奏し、後に神輿、面等奉納する。寛永十四年将軍家光の命により東海寺鎮守と定められてから幕府の御修復所となり、元禄七年将軍綱吉社殿等再建、焼失した後、嘉永四年将軍家慶社殿再建した。明治元年准勅祭神社に定められた。大正十三年京浜国道開通にともない境内地の一部用地となる。昭和七年九月新東京八名勝選定の折第三位となる。現社殿は昭和三十九年十月社務所と共に島本正一氏他氏子の協力により再建され、北品川、東五反田、南品川の一部の鎮守として敬われ親しまれている。鎮座地は、品川区北品川三丁目七番十五号。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 品川神社 (品川区) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町