HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


藤内神社
ふじうちじんじゃ
[茨城旅行] 茨城県水戸市藤井町874  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 常陸國那賀郡 藤内神社
旧村社

御祭神
經津主命

茨城県水戸市にある。
水戸市街地から123号線を8Kmほど北上した、那珂川の西岸。
123号線から1Kmほど西へ進んだ道路脇に鎮座。

境内入口の鳥居は木々で隠れ気味。
枯葉の季節になれば、全貌が見えるのかもしれない。
それほど参道には木々が多く、欝蒼としたイメージなのだが、
社殿のある境内は、かなりあっさりとしているのだ。
境内周囲の道路の影響だろうか。

社名の藤内は、神社が、藤林の中にあったからだそうだ。

社伝によると、当社の西5Kmほどにある朝望山が、
祭神・經津主命の神山。
養老5年4月12日、朝望山の峰に霊光が輝き、
その光が、当地・藤内の地に下りて来た。
人々は驚き恐れ、6月15日に社殿を建立し、創祀したという。

一説には、嘉祥年中に、神託により香取神宮の神を勧請したとも。

藤内神社の茅ノ輪くぐりは有名らしく、
境内には由来を記した石碑があった。

社名から、藤を用いた神紋を期待していたが、
拝殿にも本殿にも、巴紋だった。ちょっとガッカリ。


境内入口

鳥居

参道

参道の鳥居

境内

拝殿

本殿

 藤内神社の茅の輪くぐりは寛政一二年(一八〇〇)に始まり、一年も 欠かさず行われてきた。そのため地区内に疫病などがはやることがなか ったという。茅の輪くぐりは、毎年六月三十日の大祓(夏越の祓)の日 に、氏子たちがちがやで作った輪をくぐり、無病息災を祈る神事である。 この神事は各地の神社で行なわれているが、藤内神社はその歴史が古い。

−境内石碑より−



最終更新日:2013/10/09
【 藤内神社 (水戸市) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町