HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


王子神社
おうじじんじゃ
[東京旅行] 東京都北区王子本町1−1−12  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

朱印のページへ!!

旧郷社

御祭神
伊邪那美命 伊邪那岐命 天照大御神 速玉之男命 事解之男命

東京都北区王子にある。
王子駅の西200mほど。
飛鳥山の北、音無川の左岸の高台に境内がある。
もう少し北へ歩くと、王子稲荷がある。

境内入口は西側で、北区役所の近く。
入口の鳥居をくぐると、木々の茂る昼でも暗い杜。
参道奥に権現造の社殿がある。

創祀年代は不詳だが、紀州熊野権現の勧請と伝え、
元享二年(1322)、当地の領主豊島氏が社殿を再興し、
若一王子宮、王子権現と称される神社。

明治以前は禅夷山東光院金輪寺が別当として奉仕していたが、
明治になって仏教色を払拭して、王子神社と社名を改め、
准勅祭社に指定された。

社殿や賽銭箱には、巴紋が付けられていた。
少し尾が流れており、流三巴紋のようにも見える。

境内の左手は駐車場になっているが、その隅に
関神社と毛塚がある。
社殿前の案内によると、蝉丸が髪の祖神として祀れているようだが、
正確には、髪の祖神ではなく、カツラの祖神のようだ。


鳥居

社殿

境内

本殿

社殿

社殿

境内隅の関神社と毛塚

王子神社
創建は古くに紀州の熊野権現を勧請し、元亨年中、当地領主豊島氏が「若一王子宮」を改めて奉斎した。「王子」の地名はここに由来し、付近では熊野川に倣い石神井川を特に「音無川」と呼んでいる。豊島氏以後は小田原北条氏も当社を崇敬し、朱印状を寄せ社領を寄進している。
近世徳川氏の代、初代家康公は天正十九年、二百石の朱印地を寄進し、将軍家祈願所と定めた。この後代々将軍の崇拝を受け、「王子権現」の名で江戸名所の一つとなる。
三代家光公は寛永十一年、社殿を造営し、また林羅山に命じて当社縁起「若一王子縁起絵巻」を作らせている。
八代吉宗公は紀州出身で、紀州熊野権現の勧請である当社を崇敬し、元文二年に飛鳥山を寄進。桜を多く植えて、庶民遊楽地とした。これが今日の「花の飛鳥山」となった。
曾て社殿は森深く昼なお暗い幽寂地であり、「太田道灌雨宿の椎」をはじめ、勝海舟の練胆話も伝えられている。現在の社殿は戦後復興したもので、昭和五十七年に、壮大な権現造として竣工した。
八月斎行の例大祭は「槍祭」とも称する。祭礼日、神前の小槍を持ち帰り家に掛け置くと「運を開き、災を除く」といわれる。また伝承では、家光将軍就任を祈願し、乳母春日局も当社に槍を奉納したと伝えられる。
祭礼は三日間続き、故事に基づき、「御槍」の授与があり「大祭式」「御輿渡御」「田楽舞」と諸儀式が行われる。
例大祭に奉納される「王子神社田楽舞」は貴重な儀式を含み、各地の田楽の中で、最も古雅なる一つといわれる。昭和五十八年に四十年ぶりに復興し、昭和六十二年に「北区無形文化財」に指定された。
「王子田楽衆」の手になるもので八人の稚児舞である。儀式は「田楽行列」に始まり「露払」「七度半」と続き、「田楽十二番」奉納となる。一・中門口(ちゅうもんぐち)、二・道行腰筰(みちゆきこしささら)、三・行違腰筰(ゆきちがいこしささら)、四・背摺腰筰(せすりこしささら)、五・仲居腰筰(なかいこしささら)、六・三拍子腰筰(みつびょうしこしささら)、七・黙礼腰筰(もくれいこしささら)、八・捻三度(ひねりさんど)、九・中立腰筰(なかたちこしささら)、十・搗筰腰筰(つきささらこしささら)、十一・筰流(ささらながし)、十二・子魔帰(こまがえし)。
また曾ては、縁起物の田楽花笠争奪が凄まじく、天下御免の「喧嘩祭」として、異名を取っていた。
十二月六日に、当社に市が立ち「熊手市」と呼ばれる。東京最後の「酉の市」であり、多くの熊手露店が立つほか当社からも「熊手守」が授与されて、終日大いに賑わう。

−『平成祭データ』−


「髪の祖神」関神社由緒略記
御祭神蝉丸公
逆髪姫
古屋美女
神霊
神霊
神霊
「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも逢坂の関」 の和歌で有名な 「蝉丸公」は延喜帝の第四皇子にして和歌が巧みなうえ、琵琶の 名手であり又 髪の毛が逆髪である故に嘆き悲しむ姉君のために 侍女の「古屋美女」に命じて「かもじ・かつら」を考案し髪を整 える工夫をしたことから「音曲諸芸道の神」並に「髪の祖神」と 博く崇敬を集め「関蝉丸神社」として、ゆかりの地 滋賀県大津 の逢坂山に祀られており、その御神徳を敬仰する人達が「かもじ 業者」を中心として江戸時代 ここ「王子神社」境内に奉斎した のが、当「関神社」の創始なり。 昭和二十年四月十三日 戦災により社殿焼失せしが、人毛業界これを惜しみて全国各地の 「かもじ・かつら・床山・舞踊・演劇・芸能・美容師」の各界に 呼び掛け浄財を募り昭和三十四月五月二十四日これを再建せり。

毛塚の由来
釈尊が多くの弟子を引き連れて、祇園精舎に入られたとき貧女が 自らの髪の毛を切り、油に変えて献じた光が、大突風にも消える ことなく煌煌と輝き世に貧女の真心の一灯として髪の毛の尊さと 共に、毛髪最古の歴史なりと永く言い伝えられる由縁である。
毛髪を取り扱う我々業者は毛髪報恩と供養の為に、昭和三十六年 五月二十四日「関神社」境内に毛髪の塔を建立し永く報恩の一助 とする。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 王子神社 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町