HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


温泉神社
おんせんじんじゃ
[栃木旅行] 栃木県那須郡那須町湯本上ノ山182  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ巴


丸に卍


柊輪に立沢瀉

朱印のページへ!!

式内社 下野國那須郡 温泉神社
旧郷社

御祭神
大己貴命 少彦名命 配祀 誉田別命

栃木県那須町。
福島県との県境にある那須高原、那須湯本温泉にある。
東北自動車道那須I.C.から那須湯本を目指して北上し、
坂道を登って、温泉街を抜けたところにある。
温泉街に近づくあたりから硫黄の臭いがしてくる。

温泉神社の後方には、有名な殺生石がある。
神社境内から歩いて200m弱だが雪の日は止めた方が良い。
殺生石そばにも駐車場がある。

当社が温泉の神を祀った神社であることは明白だが、
やはり、なんといっても「那須余一」「殺生石」だろう。
当社の御朱印帳には、この二つが用いられている。

源平屋島の合戦のおり、船上の扇を見事射落した
那須余一は当地方の武将。
扇を射る時に、那須温泉大明神に祈ったらしい。

殺生石は、大陸から渡って来た八百歳の妖狐・九尾の狐。
鳥羽上皇の頃に「玉藻前」と名乗り、朝廷に出入りする。
陰陽師・安倍泰成に、その正体を見破られ、
那須野ヶ原へと逃げる。
その後、三浦介、上総介によって退治されたが、
妖狐は毒石となり、ガスを噴出して人畜に害を与えるようになった。
源翁和尚によって、その恨みを封じられ、粉々に砕かれた。

神紋は、『栃木県神社誌』には卍紋とある。
本殿の屋根には、中央に卍紋。左に巴。
右の紋様が確認しずらかったが、たぶん、柊輪の中に沢瀉。
大関氏の紋だろうか。

境内は雪に覆われ、参道は除雪されていたが、
滑りながらの参拝だった。
芭蕉も当社に参拝し、殺生石を見たらしい。

茶臼嶽頂上には、当社奥宮が鎮座しているが
冬季は閉山されて登れない。


参道入口

参道鳥居

参道鳥居

雪の参道



参道左上の愛宕社



本殿右の稲荷社

参道右の見立社
那須温泉開祖
狩野三郎行広

境内社殿

本殿

本殿

温泉神社から殺生石へ

延喜式内 温泉神社
一、 創立
第三十四代舒明天皇の御代(六三〇年)狩野三郎行広、矢傷の白鹿 を追って山中に迷い込み神の御教により温泉を発見し神社を創建、 温泉の神を祀り崇敬の誠を尽くした。狩野三郎行広は後年那須温泉 開発の祖として見立神社祭神として祀られる。
一、 祭神
大己貴命(おおなむち の みこと)
少彦名命(すくなひこな の みこと)
相殿誉田別命(ほんだわけ の みこと)
 大己貴命は別名大国主命(大国様)と申し上げ縁結び、商売繁盛、 身体健全、温泉守護、の神として信仰されています。少彦名命は国 土を耕し鉱山や温泉を開拓し薬等を作った神であり温泉の神として 広く崇敬されている。誉田別命は八幡様とも申し上げ武運の神とし て尊ばれ勝運を祈る神である。
一、 由緒
 正倉院文書延喜式神明帳記載(九二七年)によると温泉名を冠す る神社は十社を数える。上代より当温泉神社の霊験は国内に名高く 聖武天皇の天平十年(七三八年)には都より貴人が那須に湯治に下 った事が載せられている。従って神位次第に高まり清和貞観十一年 (八六四年)には従四位勲五等が贈られている。
文治元年(一一八五年)那須余一宗隆、源平合戦屋島の戦に温泉神 社を祈願し見事扇の的を射、名声を轟かせ後一門を挙げて厚く崇敬 した。
建久四年(一一九三年)源頼朝那須野原巻狩の折小山朝政の射止め し九岐大鹿を奉納。
元禄二年(一六八九年)俳人松尾芭蕉「奥の細道」をたどる途中温 泉神社に参詣、那須余一奉納の鏑矢等宝物を拝観、殺生石見物等が 曽良の随行日記に載せられている。
大正十三年(一九二二年)摂政宮殿下(昭和天皇)の行啓を仰ぎ那 須五葉松のお手植えを頂く。大正十一年(一九二〇年)久邇宮良子 女王殿下御参拝、那須五葉松のお手植えを頂く。
一、 例大祭
 十月八日 湯汲祭 献湯祭
 十月九日 献幣祭 神幸祭
一、本殿 慶長十二年(一六〇七年)那須資晴の建立
一、幣殿、拝殿 昭和六十年十月竣工
一、社務所 平成二年十月竣工
一、見立神社 祭神 天児屋根命、狩野三郎行広 温泉発見の功により合祀
一、例祭 五月二十七日
一、祖霊社 日清、日露、太平洋戦争による氏子の戦没者並びに地元の神葬祭家の祖先を祀る
慰霊祭 春秋彼岸並びに八月十五日(中元祭)
一、愛宕神社 火産霊命(ほむすびのみこと)例祭 四月二十四日
一、九尾稲荷 例祭 二月初午
一、那須嶽神社 (茶臼嶽山頂鎮座)開山祭 五月八日 閉山祭 十一月八日
一、昭和天皇御製皇太后御歌碑 平成三年七月竣工
一、大鳥居 八幡型 高さ九、〇四メートル 奉納 東京 人見隆清
一、水琴窟 奉納 東京 福田鏡二
一、愛宕福神水 奉納 同 同
一、灯篭 六十四基

−案内板より−

殺生石周辺では、今でも硫化水素ガスが噴出しているらしく、
硫黄の臭いがする。
夏場は、周囲には草が茂るが、殺生石まわりだけ
草が生えないようだが、なにもかも雪に覆われた冬では
よくわからない。
変った石や地蔵などもあるようだが・・。

冬山登山で、上から降りてきた人の話では、
上は、雪というより氷が舞っている状態らしい。


殺生石

盲蛇石

殺生石の由来
 殺生石は、昭和二十八年一月十二日史跡に 指定されました。
 この由来の概略は、昔中国や印度で美しい 女性に化けて世を乱し悪行を重ねていた白面 金毛九尾の狐が今から八百年程前の鳥羽天皇 の御世に日本に渡来しました。
 この妖狐は「玉藻の前」と名乗って朝廷に 仕え日本の国を亡ぼそうとしましたが、時の 陰陽師阿部泰成にその正体を見破られて那須 野ヶ原へと逃れて来ました。
 その後も妖狐は領民や旅人に危害を加えま したので朝廷では三浦介、上総介の両名に命 じ遂にこれを退治してしまいました。
 ところが妖狐は毒石となり毒気を放って人 畜に害を与えましたのでこれを「殺生石」と 呼んで近寄ることを禁じていましたが、会津 示現寺の開祖源翁和尚が石にこもる妖狐のう らみを封じましたのでようやく毒気も少なく なったと語り伝えられています。
 芭蕉は元禄二年四月十八日奥の細道紀行の 途中にこの殺生石を訪れ
石の香や 夏草あかく 露あつし
と詠んでいます。

注意
 殺生石附近は、絶えず硫化水素ガス等が噴 気していますので風のない曇天の日は御注意 下さい。


盲蛇石 −その名の由来−
 昔、五左ェ門という湯守が長くきびしい冬を越 すために山に薪を採りに行きました。その帰り道 五左ェ門がこの殺生河原で一休みしていると、2 メートルを越える大きな蛇に出会いました。大き な蛇の目は白く濁り盲の蛇でした。かわいそうに 思った五左ェ門は、これでは冬を越せないだろう と蛇のためにススキと小枝で小屋を作ってあげま した。
 次の年、蛇のことを忘れなかった五左ェ門は、 湯殿開きの日に小屋に来て蛇をさがしました。し かし、蛇の姿はどこにもなく、かわりにキラキラ と輝く湯の花がありました。盲蛇に対する暖かい 気持が神に通じ、湯の花のつくり方を教えてくれ たのでした。
 その後、湯の花のつくり方は村中に広まり、村 人は盲蛇に対する感謝の気持を忘れず、蛇の首に 似たこの石を盲蛇石を名付け大切にしたのだそう です。

−案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 温泉神社 (那須) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町