HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


白根神社
しらねじんじゃ
[群馬旅行] 群馬県吾妻郡草津町草津538  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

旧郷社


御祭神
日本武尊

草津温泉で有名な群馬県の草津町にある。
温泉街の中心にある湯畑から少し北へ入った場所に参道の入口。
階段の途中には「郷社白根神社」と刻まれた社号標が立っている。
階段を上り鳥居をくぐって右へ進むと手水舎がある。

参拝は11月の初旬。早朝、夜明けの頃。
硫黄の香りに満ちた草津温泉全体が、紅葉に色づいて美しかったが、
境内参道の木々も紅葉し、そこに朝日が射し込んで、
とても美しい境内だった。

参道の途中に昔の鳥居の礎石らしきものが両脇にあり
右の礎石の上にはカエルの置物が置かれていた。
そのカエルの周りを誰かがモミジの葉で飾っていた。
風が吹けば無くなってしまうものだけど、なぜか心が和む。

参道を進むと「白根大明神」と書かれた扁額のある鳥居があり、
鳥居をくぐると社殿のある境内。
入母屋造の拝殿の後方に本殿がある。

本殿は、資料によると神明造らしいので、
たぶん、覆屋の中にあるのだろう。

創祀年代は不詳。
『上野国神名帳』に吾妻郡十二社の「従一位 白根明神」とある古社。

火山である白根山を祀る神社で、もとは白根山上に鎮座しており、
草津温泉入口(運動茶屋公園付近)には遥拝所があったが、
明治六年、郷社に列格した際に、
温泉街を見下ろす囲山と呼ばれる現在地に社殿を建立した。

拝殿は明治十五年に新築され、昭和三十二年に改築した。

『明治神社誌料』によると、
右大将頼朝公が建文{原文ママ}四年八月三日、
信州三原で狩りをし、白根明神の鳥居の前に来た時、
硫黄の臭気と湯けむりを見つけ、
住人・御殿助に命じて、草を刈らせ掘ってみると温泉が湧き出した。
これは病に効能があると考え、怪我をしていた足利駒王丸に試させると、
七日間で平癒したので、右大将自信も入浴し、
これは無双の温泉であると宣言し、その地を御殿助に給わったとか。

当社には、『上野国神名帳』の「従二位 小白根明神」も合祀されている。
小白根明神は、写本によっては従一位とも記されており、
いずれにしろ吾妻郡では上位にある神社で、小白根に鎮座していたようだ。
一説には小白根は古白根で、白根神社の古社地に祀られた神であるとも。
『上野国神名帳の研究』では、白根古社地は武具脱池の東麓にあるらしい。

『明治神社誌料』によると
白根神社が鎮座していた白根山山頂周辺を大白根、奥白根と呼び、
小白根は前白根と呼んで、草津より一里で小白根、
さらに三里で奥白根に至るとある。

本殿の右手に境内社らしき祠が一つ。
参道左手奥には諏訪大社上社草津白根分社がある。

境内の左手から後方にかけてシャクナゲが群生しており
幾筋かの歩道があって散策できる。
当社境内はシャクナゲの名所のようで、春になったらまた来てみたい。

そのシャクナゲの中に、草津鷲湯碑や芭蕉句碑などの石碑がある。
草津鷲湯碑は、明治三十七年湯治客によって建てられたもの。
傷ついた鷲によって発見されたという、草津で最も古い共同浴場
鷲乃湯の由来などが記されている。
芭蕉句碑には、「夏の夜や谺にあくる下駄の音」。


参道入口

階段上の鳥居

境内入口

参道

カエルの置物

鳥居

社殿

境内

本殿

拝殿

境内左手の諏訪神社

本殿右手の境内社

境内左手には多くのシャクナゲ

草津鷲湯碑

芭蕉句碑

草津温泉から292号線を西へ14Kmほど進むとレストハウスに到着。
途中の車道には「駐停車禁止」の看板が立っており、
運転していても硫黄の臭いがする。白根山は活火山なのだ。

レストハウスから少し歩くと、湯釜を見ることができる。
 Zenrin Data Com Maps display !!

レストハウスから湯釜への道は幾つかあるようだが、
当日は西側以外は立ち入り禁止。(立ち入っている観光客もいるようだが)

西側の石の道を上って行くと避難小屋があり、その先で湯釜を展望する。
また、展望所から西には白根山の山頂が見え、山頂に小さな石祠がある。


展望所から東に湯釜

展望所から西に白根山、山頂に石祠がある

湯釜は白根山頂の火口湖で、直径300m、水深30m。
エメラルドグリーンというか緑茶にミルクを入れたような湖。
湯釜の周りには、白根山(2160m)、逢の峰(2110m)、
本白根山(2171m)などの頂があるのだが、
白根神社はどこにあったのだろうか、などと考えながら、
レストハウスの周りを歩いてみた。

レストハウスから東へ白根山麓遊歩道が延びており
歩いて行くと、なだらかな道の先に大きな岩が幾つかあって
鳥居と石祠がある。どうやらこれが白根神社の奥宮らしい。
遊歩道からは、なだらかな丘に見えたが、登ってみると東側(草津側)は急峻で、
しかも強風が吹きあげて来て、帽子が吹き飛ばされそうになった。


白根山麓遊歩道の先の頂にも鳥居と石祠

白根神社が明治になって現在地に遷る以前に鎮座していたという、
運動茶屋公園に行ってみた。
美しい紅葉の公園で、小学校が隣りにある。
 Zenrin Data Com Maps display !!

運動茶屋公園の中には、皇大神宮が祀られていた。
白根神社が鎮座していた名残りだろうか、それとも関係社だろうか。
皇大神宮の前には、宝篋印庚申塔。
明和六年(1769)に建立されたもので、
草津温泉入口の追分にあったものを移設したらしい。


運動茶屋公園

宝篋印庚申塔

皇大神宮


最終更新日:2014/02/08
【 白根神社 (草津温泉) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町