HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


椋神社
むくじんじゃ
[埼玉旅行] 埼玉県秩父市蒔田字宮平2842  Zenrin Data Com Maps display !!



式内社 武蔵國秩父郡 椋神社
旧村社

御祭神
大己貴命 猿田彦命
配祀 榛名大神 稲荷大神 丹生大神 赤城大神

秩父鉄道秩父本線の大野原駅から、直線で西へ3Km。
荒川にかかる、秩父橋を越えて、299号線を西へ走り、
大きくカーブしている場所からさらに2Kmほど南西に進むと、
道路の北側に、参道入口の鳥居が見える。

ということで、境内は南東向き。

参道を進み、境内入口の鳥居をくぐると、
境内奥に、一段高く社殿が鎮座。

創始年代は不詳。
社伝によると、日本武尊東征のおり、
当地の椋の大樹の根元に、大己貴命を奉祭し、
椋大神と称したという。
また、勅使が美濃国蒔田の里より、
稲穂を運んできて、当地に蒔いたため、
蒔田という地名になったという。

参拝当日は、この椋の木には気づかなかった。
というか、椋がどんな木なのかすら知らないのだ。

式内社・椋神社の論社。
といっても、秩父地方には椋神社と称する神社が六社あり、
そのうち五社が式内・椋神社を主張しているので、
どれが式内社であるか、明らかではない。

当社の神事には、御田植神事というものがあり、
氏子の中から、神部と呼ばれる者を選び、
主役として、手に鍬を模した竹製の農具を持ち、
御田植の所作を演じるもの。

社殿には、葵の紋が付けられていた。


鳥居

参道

境内

社殿

社殿

 市指定民族資料
  蒔田椋神社御田植神事
 この社は遠く「延喜式」に載る古社で、ここに伝わる御田植 神事は春の農作業に先がけた三月三日(旧暦の頃は二月三日) 今年の稲作の豊穣を願って行われます。境内にしめ縄を張りめ ぐらして御田代に見立て、鳥居の外には、わらで龍を形どった 水口が設けられます。
 毎年氏子の中から十二人の神部が選ばれ、その中の二人が作 家老となって神事の主役となりますが、神部のいでたちは、烏 帽子に白装束で、手には鍬を模した竹製の農具をもって演じます。
 祭典ののち坪割り(四方固め)つづいて水乞い神事に丹生神 社までまいり、水ぬさと呼ぶ御幣をいただき御田代水口に立て、 田仕事が始まります。苗代つくりから種子播き、本田の耕起か ら田植までの実際の農耕順序にしたがい「御代の永田に手に手 をそろえて、いそげや早苗手に手をそろえて」と田植唄をうた いながら演じる所作は、多くの古風な習俗を伝承している貴重 な民族資料です。

−境内案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 椋神社 (上蒔田) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町