HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大我井神社
おおがいじんじゃ
[埼玉旅行] 埼玉県熊谷市妻沼字大我井1480  Zenrin Data Com Maps display !!


笹龍胆

式内社 武蔵國播羅郡 白髪神社
式内社 武蔵國播羅郡 榆山神社
旧村社

御祭神
伊邪那岐命 伊邪那美命
配祀 大己貴命
合祀
倉稻魂命 誉田別命 天照皇大神 速玉男命 事解男命
天穗日命 石凝姥命 菅原道眞

埼玉県妻沼町にある。
利根川の南岸、407号線から東へ少し入った場所に南向きに鎮座。

鳥居をくぐると左右に祠があるが、門神だろう。
参道を北に歩くと正面に唐門が立つ。
以前は、若宮八幡宮の正門だったが、
若宮八幡宮が当社に合祀された後、当社境内に遷されたもの。

唐門をくぐると正面に拝殿、その後方に神明造の本殿がある。
境内の左手に、緑の塚があり、頂上まで階段が続いている。
階段を登ると頂上には「富士浅間大神」と書かれた石碑。

階段の中央に、蜜柑が一つ供えられていたのが印象的。

明治までは、聖天宮と混祀しされており、
明治の神仏分離に際し、新たに社殿を造営して祀りなおした神社。
もとの鎮座地は、当社の西方にある聖天山歓喜院の境内だったらしい。

その聖天宮が、式内・白髪神社であると考えられている。

あるいは、もともと白髪神社が現在地に鎮座していたものが、
いつしか聖天山歓喜院境内に遷され、明治になってもとの戻ったとも。

社伝によると、景行天皇40年、日本武尊東征のおり、
稲置を建てて神の璽に矛楯立てたといわれる霊場であるらしい。
(意味は良く分からないのが残念)

拝殿の瓦には笹竜胆の紋が付いていたが、
神紋であるかどうかは疑問が残る。
神明造本殿の鰹木には三つ巴もついていた。


門神

鳥居

門神

境内

境内の磐座

唐門

社殿

境内社殿

本殿

拝殿

富士浅間大神(富士塚)

大我井神社唐門の由来
当唐門は明和七年(百八十六年前)若宮八幡社の正門として建立 された 明治四十二年十月八幡社は村社大我井神社に合祀し唐 門のみ社地にありしを大正二年十月村社の西門として移転した のであるが爾来四十有余年屋根その他大破したるにより社前に移 動し大修理を加え両袖玉垣を新築して面目を一新した
時に昭和三十年十月吉晨なり

−境内案内−



最終更新日:2015/04/25
【 大我井神社 (妻沼町) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町