HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


荒橿神社
あらかしじんじゃ
[栃木旅行] 栃木県芳賀郡茂木町小井戸325  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 下野國芳賀郡 荒樫神社
旧県社

御祭神
國常立尊 國狹槌尊 豊斟渟尊

國常立命 豊雲野之命 阿夜訶志根命 『明治神社誌料』他

栃木県茂木町にある。
茂木駅の北東2Kmほどの山中に鎮座。
駅から、川を越えた辺りから狭い上り坂を上る。

境内には巨木が多く、まさに鬱蒼とした神域。
森厳とさえいえるかもしれない、そんな境内。

当社の南西800mに茂木氏の居城・桔梗城跡がある。
城の北東・鬼門に位置する当社は、
平城天皇の御宇大同元年に鬼門除けの社として創立したといわれている。

その後、城主は須田氏・細川氏と変わるが、茂木城城主の祈願所として、
手厚い保護を受けてきた。

参道に阿弥陀堂があるが、昔は三重塔だったもの。
今は一段しか残っていない。

当社までの道は、かなり狭いのだが、境内に一歩入ると
巨木の参道に圧倒され、その道程を忘れてしまう。

木漏れ日の中を歩いて、社殿の前に立ち、
振りかえると、入口の鳥居から差し込む光が眩しい。

参道の左手にある阿弥陀堂は。三重塔の下部のみ。
永禄年間の建造物。


境内入口

鳥居から参道

参道

参道鳥居

社殿

境内

本殿

拝殿


境内社

参道の三重塔(一重のみ)
現 阿弥陀堂


元はこんな感じだった

荒橿神社 (案内)
所在地芳賀郡茂木町小井戸
主祭神國常立尊
國狹槌尊
豊斟渟尊
境内地二〇一四坪
社殿本殿権現造り六坪
幣殿 〃 〃 三.七坪
拝殿 〃 〃 一〇坪
手水舎、神饌所、社務所
神庫、鳥居二基
境内木
 目通り四米以上 杉五本、樫一本、欅一本
             (樹令千余年)
 〃 〃三米以上 杉十九本、樫四本
 〃 〃二米以上 杉十八本、樫八本
         其の他 百数十本
例祭四月十七日
十一月二十六日
由緒
 平城天皇の御宇大同元年九月九日茂木 桔梗城主の鬼門除社として城の丑寅の方 字高藤山上に創祀された地方著名の古社 である。延喜五年醍醐天皇の勅撰により延 喜式所に其の名を載せられ式内社として 下野十二社の一つに数えられ茂木領主細 川家の崇敬殊の外篤く享保六年茂木領主 細川長門守工費を寄進本殿を造営された。 昭和十一年より県社に昇格郷土の守護神 として崇敬の的である。古くから霊験現な る神として家内安全、商売繁昌、交通安全等 々の祈願のため近郷近在はもとより遠く 県外からの参詣者が多い所である。

−案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 荒橿神社 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町