HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


瀧尾神社
たきのおじんじゃ
[栃木旅行] 栃木県日光市山内  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

朱印のページへ!!

日光二荒山神社別宮

御祭神
田心姫命

宇都宮方面から、日光へ向かう119号線を突き当たり神橋で右折。
稲荷川沿いの狭い道を2Km近く上った場所にある。

境内入口には、天狗沢にかかる高さ10mの白糸の滝があるのだが、
この季節、水が枯れていたので、写真は割愛。
この滝で、弘法大師が修行したという。

世々を経て 結ぶ契りの 末なれや この滝尾の たきの白糸
『廻国雑記』 道興准后

弘仁11年(820)弘法大師により創建。
神体山・女峰山(2483m)を遥拝する神社。
以前は、「女体中宮」と称されて、
本宮新宮(二荒山神社)とともに日光三社と呼ばれていた。

社殿後方に、女峰山を遥拝する三本杉がある。
昔の三本杉は、右が1699年、中央が1747年の静かな夜半に、
左が1749年、雨の夜半に倒れてしまい、
現在の三本杉は樹齢300年ほど。

小川にかかる小橋を渡って、参道の石段を上ると、
額束に穴のあいた、運試しの鳥居がある。
その穴に、小石を3つ投げ、いくつ通過したかで運を試すという。

参道の右には、影向石(ようごういし)。
影向とは神仏が仮の姿で出現すること。
弘法大師が弘仁11年(820)、この地で修行していた時、
奥の大岩のあたりに、美しい女神の姿で現れたという。


運試しの鳥居

影向石

赤い楼門のすぐ奥に社殿がある。
あまりに近すぎるような気がしたが、
説明を読むと、江戸時代に移転されたらしい。


楼門

本殿

拝殿

境内の左手奥に、子種石。安産に霊験があるらしい。


子種石

社殿の後方にある無念橋。俗称、願い橋。
三本杉を通して、神体山「女峰山」遥拝のための禊の橋。
が、いつの頃からか、自分の歳の歩数で渡ると、
女峰山山頂奥宮まで登ったことになり、願いが叶うと言われるようになった。

そして、滝尾稲荷神社。弘法大師により滝尾神社とともに創建。
昔、滝尾上人がお供えを忘れた時、稲荷の神が化けて出て、催促したという。

瀧尾高徳水神社は、丹生川上神社の分霊を勧請した神社。
昭和五十二年、高徳に創建されたが、県道拡幅のため平成十年に遷座。
開運の神として崇敬されている。


無念橋


滝尾稲荷神社

三本杉
左の一本が陰になってしまった


瀧尾高徳水神社

滝尾神社 (重要文化財)
日光二荒山神社の別宮。本宮、新宮 (現在の二荒山神社)とともに日光三社 権現の一つである。女峰山の女神、田心姫命を祀る。
 弘仁十一年(八二〇)弘法大師が創建 したと伝えられる。明治四年の神仏分離 までは楼門に大師の筆といわれる「女体 中宮」の額が掲げられ、仁王像が安置さ れていたという。正保三年(一六四六) の建立。四月の弥生祭の時には、二荒山 神社から滝尾の神輿が渡御する。

−案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 二荒山神社 別宮滝尾神社 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町