HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


椋神社
むくじんじゃ
[埼玉旅行] 埼玉県秩父郡皆野町野巻363  Zenrin Data Com Maps display !!


五七の桐

式内社 武蔵國秩父郡 椋神社
旧村社

御祭神
猿田彦大神
合祀
菅原道眞 金山彦命 建御名方命 大日孁貴尊

埼玉県秩父郡皆野町にある。
秩父鉄道・皆野駅の西3Kmの野巻に鎮座。

赤平川に沿って、37号線を西へ進み、
少し北へ入った場所。
車で来ると、当社の裏側へ回り込む形になるので、
車を止めて、表に回って参拝開始。

階段を登ると、階段上に鳥居。
狛犬に狐を用いているようだが、一時稲荷社だったのかもしれない。
境内では、親子で雑草刈りの最中だった。
当社を管理している方だろうか。
地方の小社は、こういった人の手によって維持されているのだ。

ということで、邪魔にならないように気配を消して参拝。

鎮座地の野巻は、昔は野牧であったといい、
秩父より牧の駒を奉った地であるという。
つまり、古代において、牧として開けた地。

当社は、椋宮明神とも称した古社。
当社の小字も、椋宮(くらのみや)という。
とすると、牧場の守護神で、鞍の宮が本来の姿かもしれない。

現在の祭神は、猿田彦大神
明治四十年に、周辺の十社を合祀した。

当社の崇敬は、区域外にも強く、
久長地区の鈴ヶ森には当社の遥拝所があるという。
川の氾濫などで当社へ参詣できない時は、
その森の松の木に鈴をかけ、これを振って祈ったところから
鈴ヶ森と呼ばれているという。

また、氏子の間で、子どもが虚弱な場合、
宮司に頼んで、戸籍上とは違う名前を付けてもらい
神の子としてもらう習慣があるという。
その子が成人するまでは、公以外では、その名を用いるという。

社殿の左手に、境内社が並んでいる。
詳細はわからないが、金山社・稲荷社・山神社・諏訪社などがあるようだ。
さらに、左側に石祠が並んでいるが、こちらは不明。

社殿の右手には、立派な陽石が立っている。

社殿の屋根には、桐の紋が付けられていた。
中には素人の手造りとわかる紋も見られ、
黄色のペンキで塗られた紋が、良い雰囲気。


境内入口

社殿

境内

境内社

本殿

狛狐

境内の陽石

狛狐


最終更新日:2013/10/09
【 椋神社 (皆野町野巻) 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町